川江美奈子連載「時雨月夜ニ君想フ−letters−」 - Chapter 5 川江美奈子&中島美嘉「桜色舞うころ」
掲載日:2008年10月1日
はてなブックマークに追加
春をイメージする楽曲の代表格としてもおなじみになっている「桜色舞うころ」は、中島美嘉のシングルとして2004年2月にリリースされた。と言いつつ、実際のテーマは“春”に限られたものではない。四季を通して変化していく叙情を、雅やかな旋律に乗せて綴られる繊細かつ深遠なソングライティングのセンスが光るバラード・ナンバーだ。“桜色舞うころ”“若葉色萌ゆれば”“枯葉色染めてく”“雪化粧まとえば”……“桜色舞うころ”とめぐる季節が揺り動かす恋心。まるで映画の名場面のように展開していく感動的な物語を堪能できる一曲だ。  


今週は、川江美奈子さんと中島美嘉さんの文通をお楽しみください。

中島美嘉
【Profile】
2001年に、初めてレコード会社に送ったデモ・テープがきっかけとなり、同年10月にスタートした全国ネット・ドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインとして大抜擢され、その存在感が大きな反響を呼ぶ。同年11月に、同番組の主題歌となったシングル「STARS」でデビュー。新人としては異例の60万枚を超える大ヒットとなる。2005年には、映画『NANA』主題歌「GLAMOROUS SKY」を“NANA starring MIKA NAKASHIMA”としてリリース。また、2008年11月12日にニュー・シングル「ORION」が発売決定。本作は、本人が6年ぶりにドラマ出演するTBS系金曜ドラマ『流星の絆』(10月17日スタート)の挿入歌に決定。詳しくは、公式ホームページ(http://www.mikanakashima.com)へ。
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.