KOKIA連載「心は世界に旅をする〜KOKIAヨーロッパ・ツアー・ドキュメンタリー - Chapter.4 Interview Vol.4 @ポーランド
掲載日:2009年10月29日
はてなブックマークに追加
 前回は、KOKIAさんにアイルランドでの公演について語っていただきました。その次に彼女が訪れた国はポーランド。長時間、メンバーと車で移動し、ポーランドへ。初めて訪れる国で不安もあったそうですが予想を超える歓迎振りで、ブルーノートでの公演が行なわれたそうです。
移動は車で。
――ヨーロッパ・ツアーの3ヵ国目はポーランド。
 「アイルランドの後は、ベルリンに飛行機で行って、そこからはまさに今回のヨーロッパ・ツアーの醍醐味である“大きなバンに乗って、みんなで一緒に回る”っていうのが始まって。ドイツからポーランドまでの間にどこかの国を通過したんですけど……“ここが国境です”っていう案内もないし、入国のスタンプを押すわけでもないので、あまり実感がないままポーランドへ入りました(笑)」
――でも、何時間も車で移動するのは体力的にも大変ですよね?
 「私も行く前は“大変なんだろうな”って思ってたんですけど。実際はそうでもなくて、かなり楽しかったですよ。日本の高速道路と違って壁もないし、延々と続く地平線をぼんやり眺めたりもできるんですよ。土地によって風景や建物の様子も違うし、わりとのんびりしてましたね、移動中は。天候にも恵まれていたし、メロディや詞がフッと浮かんできて、それを書き留めたりもしてました。あと、帰国してからやることのリストを作ったり」
――確かに風景は綺麗ですよね。
 「そうですね。何て言うか、いろいろと興味深いことが多いんですよね。さっきまで英語が通じていたのに、ドイツに入ったとたん、ドイツ語以外はまったく通じなくなってしまったり。国によってお手洗いのシステムが違っていたりとか、いちいち“ふーん、おもしろいなあ”ということがあって、移動することに飽きなかったですね。ただ、ポーランドは滞在時間が短くて“ライヴをやって、寝るだけ”っという感じだったんで、正直言って、その土地のことはほとんど何も見れなかったんです。会場に直行して、ライヴが終わったら、そのままホテル。次の朝、出発するときに“あ、こんなところに泊まってたんだ”っていう位に残念なことに何も観る暇なく、次の国へ」
――なるほど。ポーランドでのライヴはどうだったんですか?
 「ライヴ会場に行く前は、ちょっと不安なところもあったんですよね。初めての国だし、ホントにお客さんが来てくれるのかなって。ポーランドに入ってからはずっと牧歌的な風景が続いていたから、会場を見たときは驚きました。“こんなところに、こんな素敵なライヴ・ハウスが!”って」
お城のような会場。
――ポーランドのブルーノート。綺麗な会場ですよね。
 「すごくお洒落なんですよ、もともと本物のお城だった場所を改装しているみたいなので。ただ、楽屋がめちゃくちゃ寒かったんです。風が入ってくる、とかではなくて、ひんやりと芯から冷えてくるような……。“ここ、ワインの貯蔵庫だったんじゃない? もしくは牢屋とか”って、みんなで話してました(笑)」
ファンの人と交流。
――でも、ライヴ自体はかなり盛り上がってましたよね。映像からも、お客さんの反応の強さが伝わってきました。
 「うん、今回のツアーのなかでもいちばん熱いライヴだったかもしれない。まず、みんなオープン・マインドだったんですよ。会場によって雰囲気は違ってて、なかには“ちょっと構えてるな”っていうところもあったんですけど。でもポーランドのお客さんは“わー! KOKIAだ! 待ってました!!”っていう感じが最初から伝わってきて。しっかり届いてるな、響いてるなっていう手ごたえがありました。それはホントに嬉しかったですし、こちらのテンションも上がりましたね。立ち見のお客さんもたくさん入ってくれていたし」
観客はスタンディング・オベーション!!
舞台袖にて。
――拍手や歓声も情熱的でした。オーディエンスとのコミュニケーションもしっかり取れてたんじゃないですか?
 「ステージと客席の距離がちょうど良かったんだと思います。親近感が沸く距離というか、私の動きや表情もきっとオーディエンスに見えていたと思うんです。とくに初めてステージをやる場所だから、“KOKIAってどんな人なんだろう?”って思ってるお客さんも多いじゃないですか。そういう場所では、顔の表情まで見えた方が人柄なんかも伝わりますからね。だからアットホームな会場で良かったと思っています。それから、もしかしたら、ポーランドの言葉が私にとってはぜんぜんわからないっていうのが逆に良かったのかもしれないですね。フランスやドイツは少し言葉がわかるから、“変なこと言っちゃいけない”って思うこともあって。下手に緊張しちゃうこともあるんですけど、でも、ポーランドの言葉はぜんぜん分からないので、“ここで私がやるのは、歌うことだけ”って開き直ったというか。ずっとご機嫌でした(笑)」
――DVDの中でも「KOKIAちゃん、ご機嫌です」って言ってましたよね(笑)。でも、初めて行った国であれだけ熱烈に歓迎されるのはやっぱり嬉しいですよね。KOKIAさんの音楽がしっかり浸透している雰囲気もあったし……。
 「やっぱりインターネットの力が大きいみたいですね、KOKIAを知るきっかけとしては。あとは友達からKOKIAのCDをプレゼントされたっていう人もいましたね。もうひとつ印象的だったのは、とにかく人が陽気だったこと。ライヴ会場の雰囲気にも国民性が出ると思うんだけど――それは私にとって、とても興味深いところでもあるんですよね――ポーランドはみんな楽しそうだった。サイン会で並んでるときも“あなたもKOKIA好きなんですしょ”みたいな感じで、すぐにファンの人同士が打ち溶け合ってて。あと、女性がすごく可愛かったことも印象に残ってますね」
取材・文/森 朋之(2009年10月)

【KOKIAの魅力に迫る3つの質問】
毎回、更新ごとに3つのQ&Aを紹介していきます。今回は……。
★好きなミュージシャンは?
A. 最近、あまり音楽を聴いていないので、よくわかりません。
★最近よく聴いている音楽は?
A. Jazzを家で流すことが多くなりました。最近の変化です。
★音楽以外の趣味は?
A. 映画鑑賞。お家の掃除や模様替え。ワン子たちのお世話。絵を描くことや考えごと……などなど。
KOKIAベスト・アルバムの第2弾
『Coquillage 〜The Best CollectionII〜』が12月2日にリリース決定!

 2006年以降の作品から選りすぐりの名曲をセレクト。初回限定盤には、代表曲「ありがとう…(the Coquillage edition)」と、昨年末NYでフリー配布されたCD『MUSIC GIFT』に収められていた「心のロウソク」(英語バージョン)の2曲が収録されたスペシャルCDも付きます!
配信シングル3部作〈Life Trilogy〜いのちの3部作〜〉第2章、配信決定!!
 大好評の配信限定シングル3部作・第2章「single mother/クリスマスの響き」が、11月18日に配信スタートします! お互いにかけがえのない存在である母と子の絆を、私小説のようなリアリティで描いた「single mother」、聖なる夜に、世界中の人々の心の安息を祈る「クリスマスの響き」、恒例の洋楽曲カヴァーは、喜劇王チャップリン自らが映画『モダンタイムス』の主題歌として作り、マイケル・ジャクソンが生前最も愛したといわれる「Smile」、そして、犬好きの人は必聴!? チャーミングな遊び心が楽しい「白い犬と踊る夜」と全4曲すべて新録。クリスマス・シーズンにぴったりの作品です。
【Winter Live Tour 2009「12月の贈り物」】
今年もクリスマスの近づいた12月にコンサートが決定。
オリジナル曲はもちろん、クリスマス・ナンバーや新曲も聴けてしまうかも!

12/11 (名古屋)名古屋市千種小劇場
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ サンデーフォーク 052-320-9100 

12/13 (福岡)博多Gate's7
開場17:00開演18:00 料金¥5000(全自由 1D別)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ キョードー西日本 092-714-0159

12/14 (広島)クラブ クアトロ
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全席指定 1D別)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ ユニオン音楽事務所 082-247-6111 

12/15 (大阪)サンケイホール ブリーゼ
開場18:00開演19:00 料金¥6000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ Songs 06-6353-6601 

12/21 (仙台)バックページ
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全自由 1D別)
一般プレイガイド発売 10/31
お問い合わせ GIP 022-222-9999 

12/23.24 (横浜)横浜ランドマークホール
23 開場17:00開演18:00 料金¥6000(全席指定)
24 開場18:00開演19:00 料金¥6000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
問い合わせ KMミュージック 045-201-9999

■オフィシャル・サイト:http://www.kokia.com/
■ビクターエンタテイメント:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A012051.html
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.