KOKIA連載「心は世界に旅をする〜KOKIAヨーロッパ・ツアー・ドキュメンタリー - Chapter.6 Interview Vol.6 @ドイツ
掲載日:2009年11月26日
はてなブックマークに追加
 KOKIAさん一行がベルギーの次に訪れたのは、ツアー最後となるドイツ。各国で雰囲気を変えて行なわれた公演も、ドイツではライヴ・ハウスでカジュアルな公演となりました。そして、公演後、KOKIAさんにはとあるご褒美があったそうです。
 KOKIAさん、ケルン大聖堂で記念撮影。
――ついに今回のツアーの最終の地、ドイツです。
 「ドイツもポーランドと同じで、到着した日にすぐライヴだったんですよ。ドキュメントのDVDのなかでも言ってるんですけど、会場の感じが昔私がデビューしたての頃に出演していた小さめのライヴ・ハウス、ルイード(原宿)やEgg man(渋谷)にちょっと似ていたんですよ」
――いわゆるライヴ・ハウスですよね。
 「しかも、ロックな雰囲気の(笑)。だからなんとなく、デビュー当時のことを思い出して懐かい気持ちになりました。最近はプライベートでもそういった場所にあまり立ち入らなくなってしまったこともあって、ドイツのライヴは最近の私のステージよりも、場所の雰囲気が違うこともあって、ちょっとテンションあがりました」
――ワイルドな雰囲気の会場ですよね、全体的に。10代の若者がロック・バンドの演奏で暴れまくってるような。
 「そうなんですよ。ロック・バンドがやっているイメージが強い場所でした。最初は'そう来たか!'って感じで、久しぶりのスタンディングのライヴに、少し戸惑ったのですけど、会場に合わせた歌を歌うことだったり、会場に合わせたテンションに持っていくっていうのは、いつもと変わりがないので。今回のツアーも、すべての会場で少しずつ、内容や歌い方も変えましたからね」
ポーズを変えて。
さらに……ツアー・メンバーとも記念撮影。
――ドイツの場合は、どんなテンションだったんですか?
 「うーん、言葉にするのは難しいんですけど……。一つエピソードを紹介すると、予定していたステージで着るはずだった洋服を会場入りして雰囲気を見てから変えたんですよ。もう少しエレガントで、'衣装感'のある洋服を用意していたんですけど、会場だったり、来てくれているお客さんの様子、雰囲気を見て、'これはちょっと違うな'と思って。私、ライヴが始まる前に、ステージの袖から客席を見ることが多いんですよ。それはただの興味本位ではなくて、自分なりのリサーチなんですよね。今日のお客さんは若いな、とか、どんなものを持ってるのかな?とか」
――そこから自ずと、その日のライヴの雰囲気が決まっていく。
 「その日のKOKIAを決める、という感じですね。あとね、ステージに出ていくときのテンションもすごく大事なんです。その瞬間にお客さんをつかめるかどうか、ほぼ決まってしまうこともあるので……。ドイツのときは、'ようこそ'というよりは、'やあ!'っていう感じで出ていったほうがいいな、と。オーチャードホールでやっているような感じではなく、こっちから近づいていくっていうか、距離を縮めて親近感を持ってもらえるようにしたほうがいい。だから衣装も、エレガントなデザインのものではなくて、もっとカジュアルなものに変えたんですよ。スタッフにお願いして、ホテルから持ってきてもらって」
ドイツのライヴ・ハウス前で。
中はカジュアルな雰囲気。
――オーディエンスのリアクションはどうでした?
 「お国柄もあったのかなぁ?みんな好きなように楽しんでくれていたように思います。日本での私のコンサートでは考えられないことだけれど、モニターにもたれて座っている人も居たし、スタンディングでステージとお客さんの最前列の方の境目がゆるかったのもあるのですけど、なぜかステージにくい込んで座っているお客さんが居たり。'ステージの内側にいるより、客席に居たほうが外音のいい音がよく聴こえるのにな'なんて思いながら(笑)。私も楽しかったですね。ツアー最後のステージっていうのもあったので、私自身'今日は何でもアリだね!'みたいな気持ちになっていのかもしれません」
――ホッとした気持ちもありました? 無事に終わった! っていう。
 「これもDVDのなかで話していたことなんですけど、実は達成感は後からじんわり来たけれど、その日はそれほど特別な気持ちにはなれなかったんですよね。スポーツ選手が毎日のように試合をするみたいに、私もツアーに身体が慣れてきていたんですねきっと。移動して、リハーサルして、ライヴっていうサイクルが馴染んできて、'まだ行けるよ'っていう感じもあって。同じ内容のライヴを続けていたらマンネリを感じることもあるのかもしれないけど、今回のツアーは全部違ってましたからね。国も違うし、セット・リストも違うし。いい意味で、緊張感は持続できていたと思います」
――なるほど。ドイツという国の印象は?
 「非常に好印象でした! その判断基準はね、お手洗いがとにかくキレイだったんです。ホテルに泊まる、水を飲む、お手洗いに行くっていうのはどこの国でもするじゃないですか。他の国ではお手洗いに悩まされることもあったので。お手洗いがキレイなドイツには本当に感激。ホントにね、高速道路の国境を越えた瞬間にトイレがキレイになるんですよ。ほんの少ししか離れていないところでも、ドイツに入った途端に。私が足を運んだところが偶然だったのか、ドイツは食周りも衛生的だったし、過ごしやすかったですね。そう、しかもね、今回のツアー中、ずっと悩まされ続けていた、洗面周りでお湯が出ない!問題。ドイツはお湯がジャンジャン出たんですよ! 疲れた体を温かいお湯でいっぱいになったバスタブ入れることができた時は、'これはツアーをやり遂げたことのご褒美?'って思いました。できれば、もっと早くご褒美が欲しかったんですけど(笑)」
取材・文/森 朋之(2009年10月)
【KOKIAの魅力に迫る3つの質問】
毎回、更新ごとに3つのQ&Aを紹介していきます。今回は……。
★好きな食べ物と嫌いな食べ物は?
A. 好きな食べ物はチーズ&ウニ&バナナ&フォアグラ。共通点は全部やわらかいもの。嫌いな食べ物はきゅうり&メロン&スイカ。共通点は瓜系ってことです。子供の頃に飼っていたカブトムシのカブ君を思い出すんですよ・・・。^^;
★健康を維持するのに気をつけていることはありますか?
A. ジムに通っています。それから、喉の為にオリーブオイルを飲むようにしています。
★いま、どんな夢を持ってますか?
A. 絵画の個展を開くこと。その個展で自分で描いた絵を前に演奏したいな。っと。ですが、早くも挫折しそうです。通い始めた銅版画教室。時間がうまくあわずに、全然通うことができません(泣)。
KOKIAベスト・アルバムの第2弾
『Coquillage 〜The Best CollectionII〜』が12月2日にリリース決定!

 2006年以降の作品から選りすぐりの名曲をセレクト。初回限定盤には、代表曲「ありがとう…(the Coquillage edition)」と、昨年末NYでフリー配布されたCD『MUSIC GIFT』に収められていた「心のロウソク」(英語バージョン)の2曲が収録されたスペシャルCDも付きます!

配信シングル3部作〈Life Trilogy〜いのちの3部作〜〉第2章、配信決定!!
 大好評の配信限定シングル3部作・第2章「single mother/クリスマスの響き」が、11月18日に配信スタートします! お互いにかけがえのない存在である母と子の絆を、私小説のようなリアリティで描いた「single mother」、聖なる夜に、世界中の人々の心の安息を祈る「クリスマスの響き」、恒例の洋楽曲カヴァーは、喜劇王チャップリン自らが映画『モダンタイムス』の主題歌として作り、マイケル・ジャクソンが生前最も愛したといわれる「Smile」、そして、犬好きの人は必聴!? チャーミングな遊び心が楽しい「白い犬と踊る夜」と全4曲すべて新録。クリスマス・シーズンにぴったりの作品です。

【Winter Live Tour 2009「12月の贈り物」】
今年もクリスマスの近づいた12月にコンサートが決定。
オリジナル曲はもちろん、クリスマス・ナンバーや新曲も聴けてしまうかも!

12/11 (名古屋)名古屋市千種小劇場
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ サンデーフォーク 052-320-9100 

12/13 (福岡)博多Gate's7
開場17:00開演18:00 料金¥5000(全自由 1D別)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ キョードー西日本 092-714-0159 

12/14 (広島)クラブ クアトロ
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全席指定 1D別)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ ユニオン音楽事務所 082-247-6111 

12/15 (大阪)サンケイホール ブリーゼ
開場18:00開演19:00 料金¥6000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
お問い合わせ Songs 06-6353-6601 

12/21 (仙台)バックページ
開場18:00開演19:00 料金¥5000(全自由 1D別)
一般プレイガイド発売 10/31
お問い合わせ GIP 022-222-9999 

12/23.24 (横浜)横浜ランドマークホール
23 開場17:00開演18:00 料金¥6000(全席指定)
24 開場18:00開演19:00 料金¥6000(全席指定)
一般プレイガイド発売 10/24
問い合わせ KMミュージック 045-201-9999

【12月25日(金) 京都文化博物館 別館ホール 決定!】
2009年12月25日(金) 京都文化博物館別館ホール
KOKIA「心の灯りライブvol.2 in KYOTO」
チケット一般販売のお知らせです。

昨年12月26日に開催し好評を博した「心の灯りライブ」
皆様のお声に応えて今年も開催致します。
一年の締めくくりをKOKIAとご一緒しませんか?
詳しくはオフィシャルHPをご覧下さい。
http://www.kokia.com/20/2010/1225vol2_in_kyoto.html

■オフィシャル・サイト:http://www.kokia.com/
■ビクターエンタテイメント:http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A012051.html
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.