MANU & CHAO
著 ヴォジニアク / 翻訳 鈴木孝弥 / 監修 大石 始・海老原弘子

-------------------------------
バルセロナ、ガリシア、ブエノスアイレス、ハバナ――世界を旅するレベル・ロッカー、マヌ・チャオ。
パリ在住のイラストレーターが彼の個性溢れる世界を鮮やかに描き出す。

-------------------------------
著者はマヌのアートワークを手掛けているパリ在住のイラストレイター、Wozniak(ヴォジニアク)。写真、イラスト、コラージュと文章で構成された見ごたえ十分のビジュアル・ブックです。カラフルなアートワークを通じて、ミュージシャンとしてはもちろん、マヌ・チャオの社会的な支援活動など音楽以外の活動も扱った内容で、マヌ・ファンには大変興味深い内容になっています。また、スペイン、フランス、メキシコ、キューバなど様々な国々での出来事が収められた本書は、旅気分を煽る『ヴァーチャル世界一周本』的な側面も持っています。

------------------------------------------------------------------------------
2014年4月21日発売
A4判 オールカラー 192頁 ※注釈別冊付き 本体3,500円 + 税

------------------------------------------------------------------------------
はてなブックマークに追加

Manu Chao
マヌ・チャオ

---------------------------------------------------
1961年、パリ生まれのスペイン系フランス人歌手。1987年に伝説のバンド、マノ・ネグラを結成する。パンク、スカ、ダブ、レゲエ、ラテン、アフリカンなど雑多な音楽的要素を取り入れたミクスチャー・サウンドと、スペイン語、フランス語、英語を折衷した歌詞や時に社会的なスタンスが人気を博す。また、90年初頭の中南米ツアーが、ロック・エン・エスパニョール勃興に大きな影響を与えた。90年代半ばからソロ活動を開始。98年、初のソロ作『クランデスティーノ』を発表。2002年、フジロックに来日、2010年10月には久々となる待望の単独来日ツアーが実現した。 2014年5月より、これまでに発表した6作品(スタジオ録音4作 + ライヴ2作)が順次日本盤としてリリースされる。

Jacek Wozniak
ヤツェク・ヴォジニアク

www.wozwoz.net
www.facebook.com/jacek.wozniak.98
---------------------------------------------------
1954年10月9日ポーランドのクラクフに生まれる。生活のためクラクフの美術学校を中退し、出版業界でイラストレーターとしてのキャリアを開始。政治活動により戒厳令下で1981年12月に逮捕され、ポーランドから永久退去する約束で釈放される。1982年から家族とパリ在住。1986年から風刺新聞「カナール・アンシェネ」にイラストレーターとして参加。創作活動を続ける傍ら、ル・モンド、ヌーヴェル・オプセルヴァトゥールなどとも定期的に仕事をしている。長年にわたってジャズ・フェスティバル、演劇、欧州評議会などのポスター制作を手がけ、マヌ・チャオ、アーチー・シェップ、ラモン・ロペスといった著名なミュージシャンとも、CDジャケット、ポスター、アニメーションなどで継続的に仕事をしてきた。マヌ・チャオとはアートユニットMANWOZを結成している。絵画作品の画集や展覧会も数多く、最近ではマヨルカ島のジョアン・ミロ財団で2013年6月から10月まで個展が開催された。
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015
Copyright © ONGAKU SHUPPANSHA Co.,Ltd. All Rights Reserved.