那倉悦生 「鏡を抜けて」 第3話「リンボに産まれて」

ENDON   2017/02/24掲載
はてなブックマークに追加
第3話 「リンボに産まれて」
拡大表示
MA 「parts of the midnight」 2015
紙にペンキ, コラージュ 210mm x 297mm
実に素晴らしい機械でしてね、と、ベンチに腰掛けていたら、突然話しかけられた。私は目線を上げた。ホームレスと紳士の混ぜ物のような男が立っている。両手で差し出すように、30センチ四方ほどの箱を抱えている。私は無視した。男は私の隣に腰掛けた。面倒なことになった。私はこれを作るために10年間を要しましたとも!ガラス玉のような爛々とした瞳で男は言った。これのために私は、妻を失いました、逃げて行ってしまったわけです!幸い子供はおりませんでして、というのも私は無精子なんです、お恥ずかしい!私はスマートフォンでニュースサイトを見ている。どこか遠い国の内戦について描かれている。今日はですね、ついにこの素晴らしい機械が出来上がったというわけで、そのリリースパーティーというわけなんです、いわばね、おかしいでしょう、面白いでしょう?! 私はげんなりしたが、その場を去ることはしなかった。私は今日、こいつを初めて起動させてみるわけです、その前に、これはパーティーですから!お祝いですから!缶ビールを渡してくる、私は無言でそれを受け取った。生ぬるくていやな味だ。絶好のリリパ日和だ、見てください、あの雲、女性器にクリソツではありませんか!男は缶ビールを一気に飲み干した。そして、吐いた。うええ、おええ、畜生!なんて味だ!クソ不味い!まあいいでしょう、こんなのは余興に過ぎない、それより今日はコンパニオンを呼んであるんです、豪華でしょう!もうすぐくると思うんだけどなあ、本当にもう時間なのだけれど!半分狂っていると思っていたが、完全に発狂してやがる、私は立ち上がった。そこへ、若いいい女がやってきた。遅いぞ!時間を守れない人間は誰からも信用してもらえないぞ!男は箱を大事そうに抱えたまま立ち上がった。私はどうしても再び、腰掛けてしまうのだった。いい女はごめんなさいと蚊の泣くような声で述べた。男はいきなりいい女にビンタをかました。私は怒り狂い、男の禿げ上がった頭頂部をぶん殴った。弾みで箱が落ち、中から拳銃のようなものが出てきた。あんた、お前!てめえ!男は拳銃まがいを拾い上げると私に向けた。やめてよう、もうやめてようと女がつぶやく。36℃の夏の日だ。面倒なことになった。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉
[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』
[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015