2019年05月12日(日)
  
ジミヘンを支えた名脇役、ノエル・レディングが死去
ノエル・レディング / 2003年)
ジミヘンを支えた名脇役、ノエル・レディングが死去
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスで知られるベーシスト、ノエル・レディングがアイルランドの自宅で死去した。享年57。アフロ・ヘアにサングラスがトレード・マークで、ジミを見事にサポートしていたが、もともとギタリストだったこともあり、エクスペリエンス在籍中から活動していたファット・マットレスではギターをプレイ。彼の作る楽曲はいかにも独特のポップ感に満ちていた。決して主役になることはなかったが、ロック史に残る名脇役である。
−2006年04月24日作成−
早熟の天才、スティーヴ・ウィンウッドが誕生
早熟の天才、スティーヴ・ウィンウッドが誕生
トラフィックやブラインド・フェイスでも活躍したスティーヴ・ウィンウッドが、英国バーミンガムに生まれる。キャリアのスタートは10代前半で、マディ・ウォーターズやB.B.キング、チャック・ベリーなどのバックを務めていたという。そんな彼の名前を一気に知らしめたのが、スペンサー・デイヴィス・グループでの活動だ。64年にデビューした時、彼はまだ15歳。年齢に似合わぬ、貫禄たっぷりの歌声を聴かせた早熟の天才である。
−2007年04月26日作成−
どこまでもマイペースな奥田民生、広島に誕生
奥田民生 / 1965年)
どこまでもマイペースな奥田民生、広島に誕生
数々の名曲・珍曲を生み出したバンド・ユニコーン解散後、'94年からのソロでもアッパレな活動を見せる奥田民生、広島に生まれる。ご存じPUFFYのプロデュースや井上陽水とのコラボレイトをはじめ、矢沢永吉のトリビュート・アルバムにも参加。また、かつて矢野顕子もカバーしたユニコーン時代の名曲「すばらしい日々」は、堂島孝平によってカバーされたりもしている。
−2001年04月23日作成−
大衆性と実験性を兼ね備えた作曲家、バカラック誕生
バート・バカラック / 1928年)
大衆性と実験性を兼ね備えた作曲家、バカラック誕生
米国のポピュラー音楽界で、常にトップを走る作曲家バート・バカラック、ミズリー州に生まれる。小さい頃は音楽とスポーツが大好きだったが、身長が足りなかったために音楽の道を選んだという。マレーネ・ディートリッヒから金銭援助を受けた下積み時代を経て、'60年代から活躍。'90年代後半には、日本でも小西康陽の影響でオシャレ・サウンドのマストアイテム的位置づけとなった。映画『明日に向かって撃て』『007/カジノ・ロワイヤル』などのサントラはもちろん、カーペンターズの「Close To You」も彼の曲。
−2002年04月24日作成−
お騒がせ男ボビー・ブラウンまたまた逮捕
ボビー・ブラウン / 2000年)
お騒がせ男ボビー・ブラウンまたまた逮捕
R&Bシンガー、ボビー・ブラウンが、妻である人気シンガー、ホイットニー・ヒューストンと旅行先から帰ってきたところを、ニューアーク空港で逮捕される。逮捕理由は、飲酒運転による執行猶予中の'98年にコカイン検査で陽性が出たうえに、その後の再検査や裁判の出席を拒否したため。過去には性的暴行の疑いによる逮捕歴もあり、2002年にはマリファナ所持、スピード違反、車の保険証不携帯でまたまた逮捕された。ホイットニーもドラッグに溺れるなど、二人の生活には米国のマスコミから厳しい視線が浴びせられている。
−2003年04月25日作成−
“神コロ様” ピッコロと地球の神が融合する
(エイジ767年)
ドクター・ゲロによって作られた人造人間19号と20号が南の都に現れたエイジ767年5月12日、ピッコロと地球の神が融合し、大幅なパワーアップを果たす。融合したピッコロは、同日に伝染病で倒れた孫悟空(後日、トランクスが未来から持ってきた薬で回復する)に“神コロ様”と呼ばれるが、“名前まで合体させるな!”というピッコロの発言により、その後、その名は聞かれなくなった。(漫画/アニメ『ドラゴンボール』より)
−2009年05月01日作成−
オスカー最多の4回受賞、キャサリン・ヘプバーン誕生
オスカー最多の4回受賞、キャサリン・ヘプバーン誕生
女優、キャサリン・ヘプバーンが生まれる。米国コネチカット州出身。幼い頃から演じることに夢中になり、大学卒業後に劇団に参加。舞台を経て映画デビュー。ブロードウェイ劇を映画化した『フィラデルフィア物語』や『冬のライオン』などで確かな演技力を披露し世界中を魅了、オスカーノミネート12回、受賞4回という記録を作った。名実ともに米国映画史に残る女優。
−2007年04月25日作成−
ビートルズ365:映画『ヘルプ! / 4人はアイドル』撮影完了。
ザ・ビートルズ / 1965年)
ビートルズ365:映画『ヘルプ! / 4人はアイドル』撮影完了。
12日に製作スタッフがロンドン各ロケ地で撮影を行なって、映画『ヘルプ / 4人はアイドル』の撮影は終了。ビートルズの出演シーンは10、11日と2日間にわたって行なわれ、建物の東側の窓から外を眺めるシーン、フランス風ダイニング・ルームでトランプをするシーン。庭園内で「休憩時間」用の短いシーンを撮影し、出演シーンすべての撮影が終了した。18日にビートルズはアフレコ作業を行ない、映画『ヘルプ / 4人はアイドル』は完成となった。
−2006年04月24日作成−
   ※ 掲載記事は作成後に生じた動向、および判明した事柄等は反映していない場合があります。
  


[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015