【纐纈歩美】ジャズの本場に乗り込んで、ベテラン・ミュージシャンと堂々と渡り合った充実の新作『Brooklyn Purple』インタビュー

纐纈歩美   2013/10/15掲載
はてなブックマークに追加
纐纈歩美
“Brooklyn Purple”
 クールな佇まいを持ちつつ、王道のジャズに一直線。どこか“献身”という言葉も思い浮かべたくなる纐纈歩美のライヴ・スケジュールを見ると、そのハード・ワークに驚かされるだろう。「月20本ほど入っている」そうで、彼女は本当にいろいろな場所に出向き、さまざまな編成のもとライヴを行っている。「だって、ジャズですから」と微笑む纐纈だが、驚かされるのは事務所に属さず、そのブッキングを自らやっていること。当然、会場へ向かう移動のチケット手配なども自分で行なっているという。まさに独立独歩。そんな彼女の新作『Brooklyn Purple』はニューヨークのブルックリンで録音されている。多忙ななか、ジャズの本場に飛んで彼女が求めたものとは、何だったのだろう。
――初海外レコーディングだった前作『レインボー・テイルズ』(オスロで、ノルウェー人奏者たちと録音した)に続き、今作はニューヨークでレコーディングしています。やはり、今回も海外で録音することを望んだのでしょうか。
 「前作はすごくいい経験でした。あの時は初海外録音でしたが、あの雰囲気を経験したら、絶対次も海外でやりたいなと思ってしまいますよね」
――ニューヨークという今回の場所は、どういう経緯で決まったのでしょう。
 「私がやっている音楽〜ビ・バップというと、ニューヨークが本場。やはり、本物のサウンドの中でやってみたいと思いました。それに、もともとニューヨークには絶対行きたいという気持ちもありました。今回が初めてだったので、全然勝手が分らなかったのですが、本当にワクワクしましたね」
――では、まずニューヨークでレコーディングすることが決まり、その後に共演者を決めていったわけですね。
 「そうですね。はじめに、ベースのデイヴィッド・ウィリアムスが決まりました。そして、彼とよく一緒にやっているドラマーのウィリー・ジョーンズ3を選んでもらったんです。それから、ピアノはデイヴィッド・ヘイゼルタインなんですが、以前グラント・スチュワートと日本に来たときに観ていて、すごいファンになってしまったんです。そしたら、偶然にもデイヴィッド・ウィリアムスとはよく共演する間柄で、話はすんなり進みました」
――これまでのアルバムもそうですが、今回もピアノ・トリオを起用し、ワン・ホーンで録音していますよね。自分を最大級に出すにはワン・ホーンだという気持ちはありますか?
 「もう一人ホーンを入れてとか、いろんな編成でやってみたいという気持ちもあります。過剰にワン・ホーンにこだわってはいません。でも、今回は初めてニューヨークで録音するので、これまでと同じ編成のもとニューヨークでやるとどうサウンドが変化するのか、ということに興味がありました。そして、参加するメンバーのことを考え、いろいろとイメージして、曲を決めていきました」
――今回は収録曲の半数をオリジナル曲が占めますが、自作曲を多くやりたいと考えたわけでしょうか。
 「オリジナルをたくさん入れたいというのは、前のアルバムを作るときからありました。それで最近自分で書いた曲が増えていて、より多く入れたいという気持ちが強くなっていましたね。だから、今回はたくさん入れることができて良かったです」
――他は、デューク・エリントンリチャード・ロジャースなどスタンダードの曲を取り上げるとともに、「コーリング・ユー」(1989年映画『バグダット・カフェ』のテーマ曲)も演奏しています。この選曲については?
 「いろんな方がカヴァーしている有名曲ですが、インストでやるのは珍しいかもしれないですね。もともと好きな曲で、これはカルテットでやるよりはヘイゼルタインとデュオでやると自由にできると思い、2人でやってみました。〈イン・ア・メロウトーン〉も、前半はベースとデュオでやってみたりして、今回はそういったいろいろな場面が作れたらいいと思いましたね」
――レコーディングをしたのは、今年の6月ですよね?
 「はい。リハをやって、その後のレコーディングは2日間です。レコーディングはスムースに進み、2テイクを録ったら次の曲の録音に進むという感じでした。リハーサルの時のことなんですが、彼らが一音だしたら、すごいグルーヴ感で驚いてしまったんですよ。スピード感があって、こちらが気を抜いたら、振り落とされちゃう感じ。それは初めての経験でしたね。それに彼らとやると、私のオリジナルがこんなふうになるんだという驚きもあり、また私のソロも違う感じで出てくるという思いも得ました」
――自分で、ライナーノーツを書いていますね。
 「前作から自分で書いています。海外に行って得たものは、自分の言葉で自ら発するものでないと、ちゃんと伝わらないと思うからです。曲に対する思いも、その方が伝わると思っています」
取材・文 / 佐藤英輔(2013年9月)
纐纈歩美カルテット
『Brooklyn Purple』CD発売記念ライブ
纐纈歩美(as)佐藤浩一(p)本川悠平(b)二本松義史(ds)


■ 2013年10月25日(金)
東京 六本木 JAZZ HOUSE alfie

03-3479-2037

■ 2013年10月25日(金)
東京 お茶の水 NARU

03-3291-2321

■ 2013年11月22日(金)
岐阜 Island Cafe

058-213-7505

■ 2013年11月23日(土)
愛知 名古屋 覚王山 STAR☆EYES

052-763-2636

■ 2013年11月24日(日)
愛知 吉良 Jazz Club intelsat

0563-35-0972 / 090-9028-6186

■ 2013年12月1日(日)
岐阜 土岐 Bird & Diz

0572-55-5399

■ 2013年12月2日(月)
大阪 北区 Mr. Kelly's

06-6342-5821

■ 2013年12月3日(火)
岡山 Cafe SOHO

080-4558-8386

■ 2013年12月4日(水)
島根 出雲 Night & Day 味巣亭(ミスティ)

0853-23-5102

■ 2013年12月5日(木)
広島 speaklow

085-545-3960

■ 2013年12月6日(金)
香川 高松 SO NICE

087-873-2117

■ 2013年12月7日(土)
滋賀 大津 ジャズプレースねこ

077-572-3333

■ 2013年12月8日(日)
静岡 浜松 HERMIT DOLPHIN

053-451-1807

[詳細]
a-koketsu.6.ql.bz/index.html
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015