ニュース

元シックス・バイ・セヴンによるシューゲイザー・ユニットがデビュー!

2006/09/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 広がりのあるサイケデリックなギター・ノイズと、ラウド感溢れたアグレッシヴなロック・サウンドで人気を博した英国バンド、シックス・バイ・セヴン。その元ドラマーであるクリス・デイヴィス(Chris Davis)が新たに結成したユニット、スポットライト・キッド(Spotlight Kid)がデビュー・アルバム『Departure』(写真)をリリースします!

 スポットライト・キッドは彼のほか、チルアウト・ブレイクビーツ・ユニット“BENT”のメンバーで、Myloなどの作品にも参加していた女性ヴォーカリストのKathy Heathを加えた2人組。2005年のシックス・バイ・セヴン解散宣言直後から活動を開始しており、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインライドLushスワーヴドライヴァーなど、轟音ギター系インディ・ロックのムーヴメント、シューゲイザーからの影響を感じさせるサウンドが特徴的。英国での発売元はシューゲイザーの現シーンにおいて重要なレーベルであるClub AC30からで、英国盤は9月25日に発売済。日本盤(QRSP-08 \2,100(税込))はQuince Recordsからの発売で10月4日に予定されています。一体どんな音なのか気になるアナタは、試聴が可能となっているMySpaceページにてご確認ください! シューゲイザー好きなら注目ですよ!


●『Departure』
01. Never’s Too Soon
02. Machines
03. Can’t Let Go (This Feeling)
04. Hungover
05. Steefeel
06. Liquid Coloured
07. A Million Ways
08. Spit
09. Electric Forecast
10. Time Goes Slow (In This Town)
11. We The People
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015