ニュース

押井守監督作『イノセンス』が“究極”のハイビジョン・クオリティのBlu-ray Discで再登場!

2008/04/25 15:09掲載
はてなブックマークに追加
 世界的に高い評価を得た押井守監督のアニメーション映画『イノセンス』が、監督の最新作『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の公開を記念し、Blu-ray Discの最新高品位スペックを備えた“究極”のハイビジョン・クオリティで再登場! Blu-ray Disc『イノセンス アブソリュート・エディション』(VWBS-1050 税込6,090円)として、ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントより8月6日に発売されます。

 『イノセンス』のBlu-ray Disc版は2006年にも発売されていますが、今回の『〜アブソリュート・エディション』は、この数年で驚異的進化を遂げたBlu-ray Discのさらなる可能性を極限まで追求したソフト。音声はドルビー True HD とDTS HD マスターオーディオを新たに収録し、画像圧縮はMPEG4 AVCを採用。これにより、画質を落とすことなく「クリエイターが実際にスタジオで聴いている、マスター音声そのもののクオリティ」を維持したロスレス音声での収録が可能となっています。

 また映像特典には、新たに収録された「押井守×伊藤ちひろ(脚本)×行定勲(脚本監修) 天空恋愛鼎談」と、初のBlu-rayクオリティでの収録となる『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』の予告編を収録。ジャケットは西尾鉄也の描き下ろしで、パッケージは『イノセンス』の世界観を表現すべくメタルケースが採用されています。

 2006年のBlu-ray Disc版も、その驚異的な高品位の映像と音で、アニメ・ファンのみならず、オーディオ・ファンの間でも幅広い支持を得た作品でしたが、今回はさらに進化を遂げた作品とのことなので、『イノセンス』好きなら必見です!


Blu-ray Disc『イノセンス アブソリュート・エディション』(VWBS-1050 税込6,090円)
≪映像特典≫
・押井守×伊藤ちひろ×行定勲 天空恋愛鼎談
・「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」予告編

≪封入特典≫
・メタルケース仕様
・西尾鉄也描き下ろしジャケット

≪スタッフ≫
プロデューサー : 石川光久 / 鈴木敏夫
ラインプロデューサー : 三本隆二 / 西沢正智
監督・脚本 : 押井守
演出 : 西久保利彦 / 楠美直子
原作 : 士郎正宗
キャラクターデザイン・作画監督 : 沖浦啓之
メカニックデザイン・レイアウト設定 : 竹内敦志
プロダクションデザイン : 種田陽平
作画監督 : 黄瀬和哉 / 西尾鉄也
レイアウト設定 : 渡部隆
美術監督 : 平田秀一
色彩設定 : 遊佐久美子
ビジュアルエフェクツ : 江面久
デジタルエフェクトスーパーバイザー : 林弘幸
録音監督 : 若林和弘
製音 : 井上秀司
サウンドデザイナー : ランディ・トム
音楽 : 川井憲次

≪声の出演≫
大塚明夫 / 田中敦子 / 山寺宏一 / 大木民夫 / 仲野裕 / 竹中直人

*音声:(6.1)・(DTS-HD/6.1)・(6.1EX)・(DTS-ES/6.1)
*字幕:英語・劇場公開時・日本語
*収録:時間99分 カラー

(c) 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015