ニュース

第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル

2016/02/03 13:51掲載
はてなブックマークに追加
第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル
 コンサートホールとして世界初のリクライニング・シートを導入した東京・富ヶ谷 Hakuju Hallの人気シリーズ、“スーパー・リクライニング・コンサート”。2016年3月4日(金)、同シリーズでは113回目を数える〈第113回 スーパー・リクライニング・コンサート 鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル〉が開催されます。

 今回登場するのは、コンサート・ミストレスやソロ、室内楽奏者として活躍する一方、現代音楽や他ジャンルとのクロスオーヴァー、音楽祭のプロデュースまで手がけるヴァイオリニストの鈴木理恵子と、鈴木の夫であり、真のヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしての不動の評価を得ている若林 顕。両名が近年真摯に取り組んでいるというこのデュオでは、2人の豊かな音楽表現がシンクロして、奥行きある深いデュオの世界が生み出されます。

 クラシックのコンサート・ホールでの緊張した空気感とも、ライヴハウスのリラックス感とも一味違う、心地よく集中をもちつつもリラックスした気分で極上の音響を体全体で楽しめる本企画。モーツァルトやクライスラー、ブラームスらによる、ヴァイオリンとピアノのための名曲の数々を、豪華デュオによる抜群の演奏で体感できるでしょう。

photo ©Wataru Nishida

第113回 スーパー・リクライニング・コンサート
鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル
豊かな詩情で織り成す豪華デュオ

https://www.hakujuhall.jp/syusai/46.html

2016年3月4日(金)
東京 富ヶ谷 Hakuju Hall
開演 15:00〜 / 19:30〜
※昼夜2回公演
※休憩なし約1時間


[出演] 
鈴木理恵子(vn) / 若林 顕(p)

[プログラム]
モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
クライスラー: ウィーン奇想曲 op.2 / 愛の悲しみ / 中国の太鼓 op.3
ブラームス: ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op.100 より 第3楽章
ドヴォルザーク: 「ジプシーの歌」op.55より 第4番 わが母の教え給いし歌
バルトーク: ラプソディ 第1番

[チケット]
各回全席指定リクライニング席 2,000円(税込)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
[インタビュー] chelmicoのマイペースな“無敵感”が詰まったメジャー・デビュー・アルバム『POWER』[インタビュー] “いつ聴いてもハッピーになれる曲”を目指して 京都在住シンガー・ソングライター、竹内アンナのデビュー作『at ONE』
[インタビュー] 南 佳孝が語る、ショーボート・レーベル第1弾作品『摩天楼のヒロイン』[インタビュー] 熟成とフレッシュネス BTB改め“BTB特効”初のオリジナル・アルバム『SWEET MACHINE』
[インタビュー] 素晴らしい演奏家のみなさんと出会い、サントラを作れたのは本当に幸せ――作曲家、富貴晴美が語る『西郷どん』の音楽[インタビュー] 絶望を掻き消す――“今やりたいこと”を追求してきたLM.Cが導き出す未来とは
[インタビュー] 楽器と理解し合って音楽を作っていく――東儀秀樹、“篳篥で歌う”映画音楽集をリリース[インタビュー] 自分なりの“B面的世界” 大西ユカリによるソウル・カヴァー作『BLACK BOX』
[インタビュー] 私が全て入ってるもの――声優・尾崎由香、ソロ・デビュー・シングル「LET[インタビュー] 何かの拍子に全米が泣いてくれたらいいなって(笑)――Calmが活動21年目の新作『by Your Side』をリリース
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015