ニュース

第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル

2016/02/03 13:51掲載
はてなブックマークに追加
第113回スーパー・リクライニング・コンサートは鈴木理恵子&若林 顕のデュオ・リサイタル
 コンサートホールとして世界初のリクライニング・シートを導入した東京・富ヶ谷 Hakuju Hallの人気シリーズ、“スーパー・リクライニング・コンサート”。2016年3月4日(金)、同シリーズでは113回目を数える〈第113回 スーパー・リクライニング・コンサート 鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル〉が開催されます。

 今回登場するのは、コンサート・ミストレスやソロ、室内楽奏者として活躍する一方、現代音楽や他ジャンルとのクロスオーヴァー、音楽祭のプロデュースまで手がけるヴァイオリニストの鈴木理恵子と、鈴木の夫であり、真のヴィルトゥオーゾ・ピアニストとしての不動の評価を得ている若林 顕。両名が近年真摯に取り組んでいるというこのデュオでは、2人の豊かな音楽表現がシンクロして、奥行きある深いデュオの世界が生み出されます。

 クラシックのコンサート・ホールでの緊張した空気感とも、ライヴハウスのリラックス感とも一味違う、心地よく集中をもちつつもリラックスした気分で極上の音響を体全体で楽しめる本企画。モーツァルトやクライスラー、ブラームスらによる、ヴァイオリンとピアノのための名曲の数々を、豪華デュオによる抜群の演奏で体感できるでしょう。

photo ©Wataru Nishida

第113回 スーパー・リクライニング・コンサート
鈴木理恵子&若林顕 デュオ・リサイタル
豊かな詩情で織り成す豪華デュオ

https://www.hakujuhall.jp/syusai/46.html

2016年3月4日(金)
東京 富ヶ谷 Hakuju Hall
開演 15:00〜 / 19:30〜
※昼夜2回公演
※休憩なし約1時間


[出演] 
鈴木理恵子(vn) / 若林 顕(p)

[プログラム]
モーツァルト: ヴァイオリン・ソナタ 第28番 ホ短調 K.304
クライスラー: ウィーン奇想曲 op.2 / 愛の悲しみ / 中国の太鼓 op.3
ブラームス: ヴァイオリン・ソナタ 第2番 イ長調 op.100 より 第3楽章
ドヴォルザーク: 「ジプシーの歌」op.55より 第4番 わが母の教え給いし歌
バルトーク: ラプソディ 第1番

[チケット]
各回全席指定リクライニング席 2,000円(税込)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015