ニュース

第30回〈東京国際映画祭〉で安藤サクラ、蒼井 優、満島ひかり、宮あおいの特集企画が決定

2017/05/19 13:38掲載
はてなブックマークに追加
第30回〈東京国際映画祭〉で安藤サクラ、蒼井 優、満島ひかり、宮あおいの特集企画が決定
 10月25日(水)から11月3日(金・祝)まで、東京・六本木ヒルズ、シアター六本木ほかで開催される第30回〈東京国際映画祭〉の特別企画第1弾が決定。世界に発信したい邦画を独自の視点でセレクトする「Japan Now」部門で、安藤サクラ蒼井 優満島ひかり宮崎あおいの4人にフォーカスした特集企画が開催されます。

 昨年は岩井俊二、一昨年は原田眞人と映画監督を特集してきた「Japan Now」部門。本年は「Japan Now 銀幕のミューズたち」と題し、同世代でもある4人の俳優陣の最新作や、ターニングポイントなった作品、さらに本人と彼女たちにインスパイアされた監督やクリエイターが登壇するトークイベントも開催されます。上映作品や詳細は9月26日開催の記者会見で発表。

 また、今年で節目の30回目の開催を迎える同映画祭のアニバーサリー・ヴィジュアルも併せて公開。写真家、映画監督として活躍する蜷川実花の写真が使用されています。


[安藤紘平 コメント]
「Japan Now 銀幕のミューズたち」プログラミング・アドバイザー / 映画監督

[安藤サクラについて]
圧倒的な個性と演技力でその地位を確固たるものとしています。『0.5ミリ』の変化に富んだ演技、『百円の恋』の体当たり演技。身近に見えて、しかし、実際には手の届かないところにいる本物の“女優”です

[蒼井 優について]
周りにいそうな親近感と、高嶺の花のようなストイックさの両極を備えたギャップが魅力の女優です。内面の優しさと強い意思から、近年、山田洋次監督が作品で"今に必要な優しさと希望"を彼女に託しているのもうなずけます

[満島ひかりについて]
ほんの少しの仕草、微妙な表情の変化で台詞より多くの感情や心境を一瞬で伝える演技力があり、彼女の凄さです。思っていることとちぐはぐな行動をとってしまう人間という生き物の内面を鮮やかに表現します

[宮あおいについて]
なんと言っても、あのキラキラした笑顔です。無垢で愛らしい笑顔から内に秘めた悲しみをこれほど表現できるのは彼女しかいないでしょう。『怒り』でも、彼女の笑顔が魅力的なほど、愛情と疑念の中で葛藤する姿が胸に突き刺さります


第30回東京国際映画祭
10月25日(水)から11月3日(金・祝)まで、東京・六本木ヒルズ、シアター六本木ほかで開催
2017.tiff-jp.net/ja
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015