ニュース

Netflixオリジナル映画「オクジャ / Okja」、キーアートと第2弾予告編が公開

2017/05/19 13:45掲載
はてなブックマークに追加
Netflixオリジナル映画「オクジャ / Okja」、キーアートと第2弾予告編が公開
 6月28日(水)より全世界同時オンラインストリーミングが開始されるNetflixオリジナル映画「オクジャ / Okja」。『殺人の追憶』で知られるポン・ジュノ監督とブラッド・ピットが代表を務める映画制作会社「プランBエンタテインメント」がタッグを組んだ本作のキーアートと、予告編第2弾が公開されています。併せてポン監督と主人公のミジャ役を演じたアン・ソヒョンの来日も6月に決定。

 先日開幕した第70回〈カンヌ国際映画祭〉のコンペティション部門に出品された本作。韓国の山間で暮らす少女ミジャが、巨大な多国籍企業によりニューヨークに連れ去られた親友の巨大動物“オクジャ”を救い出そうと奮闘する姿を描いたアドベンチャー。映画『スノーピアサー』でもポン・ジュノとタッグを組んだティルダ・スウィントンのほか、「ライフ」の公開も控えるジェイク・ギレンホール、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』のポール・ダノ、『ウォーキング・デッド』のスティーヴン・ユァンらが出演しています。

 公開された予告編は、ミジャとオクジャが森の中で遊ぶシーンにスウィントン扮する謎の女性の「この美しい生物は畜産業における革命です」「エサも少なく済み排泄物も少ない豚です。そして何よりもまず、味は最高です」というセリフがかぶせられた映像からスタート。その後、オクジャが多国籍企業に都会へ連れ去られるシーンや、ミジャが命がけでオクジャを救い出そうとする姿などが映し出されていきます。



「オクジャ」
2017年6月28日(水)よりNetflixにて全世界同時オンラインストーリミング
www.netflix.com/jp/title/80091936

[あらすじ]
韓国の人里離れた山間の家で、オクジャと呼ばれる巨大な動物を世話する少女ミジャは、オクジャを親友のように大切に思いながら10年もの間のどかに暮らしていた。ところがある日、多国籍企業ミランド社がオクジャを捕らえてニューヨークに連れ去ったことで、すべては一変してしまう。そこでは外面の美しさに取り憑かれた自己顕示欲の強いミランド社CEO、ルーシー・ミランドが、オクジャを利用した一大計画を企んでいた。具体的な方策もないまま、絶対にオクジャを救出するという固い決意を胸に旅に出るミジャ。しかし、最初から困難が予想された彼女の旅は、オクジャを利用しようと目論む資本家やデモ参加者、街の人々と遭遇するたびに、一層複雑さを増していく。ミジャは、ただ親友を故郷に連れて帰りたいだけなのに……

監督: ポン・ジュノ
脚本: ポン・ジュノ / ジョン・ロンソン
出演: ティルダ・スウィントン / ジェイク・ギレンホール / ポール・ダノ / ジャンカルロ・エスポジート / スティーヴン・ユァン / リリー・コリンズ / デヴォン・ボスティック / ダニエル・ヘンシュオール / シャーリー・ヘンダーソン / ピョン・ヒボン
製作: プランBエンターテインメント / ルイス・ピクチャーズ / ケイト・ストリート・ピクチャー・カンパニー
製作協力: Netflix
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
[インタビュー] 良い意味で遠回りをしてきた――20周年を前に、韻シストが開けた次への扉[インタビュー] 過去を否定せず、未来を大切にする 渡瀬マキが語る“Fresh”なLINDBERG
[インタビュー] ファースト・キスは1回しかないのがいい メンバーの“リアル”を大声で歌うロック・バンド、The MANJI[インタビュー] “熱さ”が戻ってきた――ユニットとしての自覚が芽生えた“今のChu-Z”
[インタビュー] 便利で何でも手に入る時代だからこそ必要なこと――須永辰緒が導くジャズ最前線[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015