ニュース

チューチョ・ヴァルデス&ゴンサロ・ルバルカバによるデュオ公演がBLUE NOTE TOKYOで開催中

2017/10/24 12:53掲載
はてなブックマークに追加
チューチョ・ヴァルデス&ゴンサロ・ルバルカバによるデュオ公演がBLUE NOTE TOKYOで開催中
 キューバが誇るカリスマ・ピアニスト、チューチョ・ヴァルデス(Chucho Valdes)とゴンサロ・ルバルカバ(Gonzalo Rubalcaba)の2人によるピアノ・デュオ公演〈トランス〉が、10月24日(火)まで東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて開催中。10月22日に行なわれた公演初日の様子と公演に向けてのメッセージがYouTubeなどで公開されています。

 チューチョ・ヴァルデスは1970年代に伝説のグループ、イラケレで活躍。近作『Border-Free』(2013年)のタイトルどおり、ジャンルやカテゴリーを超越した活動を続けています。

 ゴンサロ・ルバルカバは1990年の〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉への出演を機に、国際的にブレイク。恩師のひとりであるベース奏者の故チャーリー・ヘイデンに捧げたアルバム『Charlie』がロングセラーを続けています。

 〈トランス〉は、先日ハバナで開催された〈インターナショナル・ジャズデイ・グローバル・コンサート〉でも白熱のパフォーマンスで満場を魅了したデュオによる日本初披露となる希少なクラブ公演です。座席の予約はBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。




チューチョ・バルデス&ゴンサロ・ルバルカバ“トランス”
www.bluenote.co.jp/jp/artists/chucho-valdes

2017年10月22日〈日)〜24日(火)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30 
2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
チャージ 9,000円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
チューチョ・ヴァルデス(p)
ゴンサロ・ルバルカバ(p)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015