ニュース

“ショパンの国”ポーランドのジャズ・ピアノ・コンピレーション・アルバム発売

2017/12/14 12:49掲載
はてなブックマークに追加
 近年、スワヴェク・ヤスクウケらの活躍をきっかけに注目を浴びる、ポーランドのジャズ・シーン。“ショパンの国”として知られる同国ならではの“ピアノ”をテーマにしたコンピレーション・アルバム『ポーランド・ピアニズム』(RPOZ-10037 2,500円 + 税)が12月20日(水)にリリースされます。

 選曲は日本におけるポーランド・ジャズ研究の第一人者、オラシオが手がけ、全曲国内初CD化となる11曲を収録。美しいメロディと多彩なコンポジション、ネオ・クラシカルやユーロ・フォークのセンスも併せ持ち、“ヨーロッパのジャズ”という言葉だけでは括れないさまざまな個性が魅力のポーリッシュ・ジャズは、60年代から数多くの映画音楽にジャズ作曲家が起用されてきた背景もあり、演奏からは映像的なトーンも感じられます。

 収録アーティストはスワヴェク・ヤスクウケをはじめ、同国のスター・プレイヤー、レシェク・モジジェルが結成した多国籍トリオや、ヤスクウケとデュオも組む現代ポーランド・ジャズ最先端ピアニスト、ピョトル・ヴィレジョウ、ポスト・クラシカル作品や映画音楽も手掛けるセバスティアン・ザヴァツキら、ポーランド・ジャズを代表するピアニストが揃っています。



■2017年12月20日(水)発売
ポーランド・ピアニズム
RPOZ-10037 2,500円 + 税

[収録曲]
01. サファーリング(モジジェル=ダニエルソン=フレスコ)
02. 5 / 8(フランチシェク・ラチュコフスキ・トリオ)
03. マルィ(スワヴェク・ヤスクウケ・トリオ)
04. ホワイト・ウォーター(ピョトル・ヴィレジョウ)
05. レプブリカ・マジェニ(ハニャ・ラニ&ドブラヴァ・チョヘル)
06. シンプル・ジャングル (シンプル・アコースティック・トリオ)
07. ズヴウォカ(セバスティアン・ザヴァツキ・トリオ&ストリングズ)
08. シェデム・シェデム (トゥビス・トリオ)
09. プションシニチュカ (レシェク・クワコフスキ)
10. ザ・サイン ミハウ・トカイ・トリオ)
11. バイ・ゾポト(スワヴェク・ヤスクウケ&ハンセアティカ・チェンバー・オーケストラ)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015