ニュース

クインシー・ジョーンズに見出されたピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが新作を携えて来日公演開催

2018/02/16 12:52掲載
はてなブックマークに追加
クインシー・ジョーンズに見出されたピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが新作を携えて来日公演開催
 クインシー・ジョーンズがバックアップするキューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)がMack Avenue第4弾となる新作『ザ・リトル・ドリーム』(KKE-075 2,315円 + 税)を3月3日(土)にリリース。同作を携え、4月28日(土)・29日(日)に東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を開催します。

 ロドリゲスはキューバを代表する歌手 / 作曲家アルフレディート・ロドリゲスの長男として生まれ、2006年にスイス〈モントルー・ジャズ・フェスティヴァル〉でワールド・デビュー。クインシー・ジョーンズの目に留まり、2009年からアメリカを拠点に活動を続け、2012年にアルバム・デビューを果たしています。昨年発表した3rdアルバム『Tocororo』は、リチャード・ボナイブラヒム・マーロフら、多彩なゲストの参加が話題となりました。

 新作『ザ・リトル・ドリーム』は原点回帰といえるトリオ編成。メンバーはデビュー作から活動を共にするマイケル・オリヴェラ(dr)と、ブラジル出身のムニール・ホッスン(g, el-b)。来日公演も、すでに数々のツアーで演奏を重ねている本レギュラー・トリオでの演奏を予定。

 本作についてロドリゲスは、「『ザ・リトル・ドリーム』には、小さな夢が壮大なリアリティにつながって、明るい未来を築きあげるのだということを、希望に満ちた子供たちに示したかった。今は世界に橋を架けるかわりに壁を創ってしまっているけれど。この世界に住んでいる人々は思っているより違いがなくて、似たものを持っていると自分では思っている。だから、素直に物ごとに反応して、素直に演奏したい。それがよりよいものに自然につながると思うから」とコメントしています。

 来日公演の座席予約はJam Session会員が2月23日(金)、一般ウェブ先行が3月2日(金)、一般電話が3月5日(月)よりそれぞれ受付開始。

■2018年3月3日(土)発売
アルフレッド・ロドリゲス
ザ・リトル・ドリーム

KKE-075 2,315円 + 税

[収録曲]
01. Dawn
02. The Little Dream
03. Silver Rain
04. Bloom
05. Dance Like A Child
06. Vamos Todos A Cantar
07. Bésame Mucho
08. Tree of Stars
09. World of Colors
10. Alegría
11. Moonbeam
12. De Rua Pra Rua(From Street to Street)


アルフレッド・ロドリゲス・トリオ
presented by クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ

2018年4月28日(土)・29日(日)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
チャージ: 7,500円(税込 / 飲食代別)
www.bluenote.co.jp/jp/artists/alfredo-rodriguez

[メンバー]
アルフレッド・ロドリゲス(p)
ムニール・ホッスン(b,g)
マイケル・オリヴェラ(ds)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015