ニュース

銀座ソニーパークに新空間がオープン THE EUGENE Studioと共創

2018/11/14 15:38掲載
はてなブックマークに追加
銀座ソニーパークに新空間がオープン THE EUGENE Studioと共創
 東京・Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)にて11月10日(土)から12月16日(金)まで、実験的プログラム「The Waiting room(ザ・ウェイティングルーム)」が開催されています。

 2017年3月末に営業を終了した銀座・ソニービルをリニューアルし、2018年8月9日にオープンした同園は、現代アートを多く所蔵する米ニューヨークのグッゲンハイム美術館の構造に着想を得て設計された旧ソニービルの特徴的な構造は残しつつ、地下3層を貫く開放的な吹き抜けや、隣接する数寄屋橋交差点、地下鉄コンコース、地下駐車場の都市機能までも内包する垂直立体公園です。2022年には同園のパブリックな概念を上層階にも下層階にも通底させた新概念の新ソニービルを竣工予定。「変わり続ける実験的な『公園』」をコンセプトにした同園は、2020年秋までの期間、公園内に意図的にデザインされた「余白」を使った実験的なイベントや、個性豊かなパートナーと共に驚きや遊び心を感じられるプログラムを実施しています。

拡大表示拡大表示

 プログラム第1弾は、ローラースケート場「#001 PARK x MUSIC x ROLLER SKATE」、第2弾は、生活空間に溶け込み人に寄り添うテクノロジーのあり方、心地よいインタラクションのあり方を提案する「#002 HIDDEN SENSES AT PARK」を実施。そして今回、第3弾の実験的プログラムとして始まった「The Waiting room」は、現代美術を中心に従来の境界線を押し広げるアーティスト・スタジオ「THE EUGENE Studio(ザ・ユージーン・スタジオ)」が参加した、初めて外部アーティストを迎えた共創企画となります。

 「The Waiting room」は、街に開かれたパブリックな空間に、普段彼らが使っている家具や集めたオブジェ、花、本、作品の断片といったプライベートな要素と、隙間や余白などの要素で構成する“パブリックとプライベートの境界を曖昧にした空間”を創り出す試み。リビングな空間は同時に、訪れた人が使える待合場所でもあり、またTHE EUGENE Studioの仕事展としても楽しめます。

 11月9日に行われたトーク・セッションには、ソニー企業株式会社の代表取締役社長・チーフブランディングオフィサーの永野大輔、THE EUGENE Studioの共同創業者のEugene Kangawaが登壇。永野は、「パークをオープンしてから、『ここに来た目的は何か?』とアンケートをとっているのだが、1位は休憩、2位は通り抜け、4位はトイレと、公園らしい結果が返ってきた。ショールームでもなくストアでもなく、我々は本当に公園を作りたいとやってきたので良かったなと。そして今回、ユージンスタジオさんと『The Waiting room』を作って、どこにもない待合室というか休憩場所ができたと思うので、ぜひ銀座の地下で楽しんでいただけたらと思う」とコメント。Eugene Kangawaは、「美術館の最後の部屋にある誰かのアトリエを再現した部屋って結構あると思いますが、あれを見ていつも『中に入れて絵を描けたら面白いのにな』と思う。そうじゃないと見えないものは、たぶんたくさんあり、そういう瞬間として見てもらっても面白いと思うし、単に座れる場所としてでも良いし、ほんとにたくさんの見方ができる。いろんな方にいろいろな時間を潰してほしいと」と呼びかけました。

拡大表示拡大表示


Ginza Sony Park
#003 The Waiting room

2018年11月10日(土)〜12月16日(日)
東京 Ginza Sony Park B2 / 地下2階
10:00〜20:00
入場無料
www.ginzasonypark.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015