ニュース

現役東大生バンドのザ・グルーミーズ、1stシングルを配信 50年代のロカビリーを現代解釈

2018/11/16 14:41掲載
はてなブックマークに追加
現役東大生バンドのザ・グルーミーズ、1stシングルを配信 50年代のロカビリーを現代解釈
 現役東大生の坂口楓太(Gt, Vo)と杉岡ジョージ(Dr)による“新世代ロカビリー・バンド”ザ・グルーミーズが、2018年11月17日(土)に1stシングル「ハンド・クラッピング・ビート」を配信リリース。ベースに黒猫チェルシーの宮田 岳、レコーディング・エンジニアにはTHE NEATBEATSのMr. Panが参加しています。

 坂口と杉岡は1997年生まれ。両親の影響で1950代のロカビリーやロックンロールを幼少期から聴いて育った坂口は、自身の音楽について、「チェット・アトキンスカール・パーキンスに影響を受けたギャロッピング・ギターや、シャッフル・リズムなど旧き良きものは継承しつつ、楽曲自体やファッションをモダナイズすることで新たなロカビリー、ロックンロールシーンの確立を目指している」とコメントしています。



■2018年11月17日(土)配信開始
ザ・グルーミーズ
「ハンド・クラッピング・ビート」

iTunes / Apple Music / Spotify 他
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』
[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015