ニュース

新潟出身のシンガー・ソングライター“果歩”が初流通シングル「光の街」をリリース

2018/12/19 12:15掲載
はてなブックマークに追加
新潟出身のシンガー・ソングライター“果歩”が初流通シングル「光の街」をリリース
 新潟出身の19歳のシンガー・ソングライター“果歩”が、初流通作品となるCDシングル「光の街」(MKLP-003 926円 + 税)を2019年2月6日(水)にリリースすることが決定。このシングルはタワーレコード、ヴィレッジヴァンガード、Amazonのみでの販売となります。

 
 果歩は、2017年に崎山蒼志を見出したことで知られるAbemaTV「日村がゆくフォークソング大会」の第1回大会で強烈なインパクトを残して優勝し、大きな話題に。2018年には10代アーティスト限定の音楽フェス〈未確認フェスティバル2018〉のセミ・ファイナルに出場しました。

 なお、本作の発売を記念して2019年2月に東京と地元・新潟でのレコ発ライヴも決定。また「光の街」のリリースに先駆け、ライヴハウスと通販のみで販売していた自主制作盤「サヨナラブルー」と「妄想ガール」が2018年12月19日(水)よりタワーレコード新宿店と新潟店にて限定販売されます。

拡大表示


■2019年2月6日(水)発売
果歩
「光の街」

CD MKLP-003 926円 + 税

[収録曲]
01. 光の街
02. バンドガール・バンドボーイ 
03. あいつとライブハウス

■2018年12月19日(水)発売
果歩
「サヨナラブルー」

CD MKLP-002 税込500円
タワーレコード新宿店、新潟店限定販売

[収録曲]
01. サヨナラブルー
02. ヒカリ
03. ポニーテールlive ver.(2017.12.08@CLUB RIVERST)

■2018年12月19日(水)発売
果歩
「妄想ガール」

CD MKLP-001 税込1,000円

[収録曲]
01. ポニーテール
02. 充くん
03. しあわせ
04. 妄想ガール(バンドアレンジver.)
05. ネコ顔手荒れ少年(ライブver.)

シングル「光の街」レコ発企画

2019年2月12日(火)
果歩レコ発企画「バンドガール・バンドボーイ」
東京 下北沢MOSAiC
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 2,500円

2019年2月24日(日)
Stylish FellowS「果歩とメレのレコ発祝い」
新潟 弁天 CLUB RIVERST
開場 16:30 / 開演 17:00
前売 1,500円 / 当日 2,000円(税込 / ドリンク代別)
※高校生以下1,000円(税込 / ドリンク代別)

出演: 果歩 / メレ / ザ・ジュアンズ / スケールワーム / FORCE TICKS / The Sempre
O.A: 坂本友愛


[チケット]
CLUB RIVERST店頭販売及び電話予約 / 各出演者の直接販売及び予約
※お問い合わせ: CLUB RIVERST 025-250-0430
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015