ニュース

ind_frisが初LP『Sink in』を発売 3月に京都METROでリリース・パーティ開催

2019/02/15 16:22掲載
はてなブックマークに追加
ind_frisが初LP『Sink in』を発売 3月に京都METROでリリース・パーティ開催
 愛知・岡崎出身、現在は大阪を拠点に活動するエレクトロニック・ミュージシャン / プロデューサーのind_frisが、自身が主宰するレーベル「Scaffolder recordings」初のヴァイナル作品として、12inch LP『Sink in』(SCF-001 2,500円 + 税)を3月1日(金)にリリース。

 本作には、澄き通ったアンビエンスに包まれたゆったりとしたスタイルを基調としながらも、ind_frisが大阪移住後に足を運んだ数々のパーティから影響を受けた、ディープでサイケデリックかつ湿った空気感を纏った全7曲を収録。Scott GilmoreShy Layersといった現行の宅録ミュージシャンや、過去のアンビエント音源のリイシューなどのトレンドともゆるやかに共振しながら、紛れもなく彼自身の日常生活の地続きにある風景を表現した“DIYミュージック”が収められています。

 ジャケットデザイン・アートワークは、Altzの作品や関西のアーティストのアートワークを数多く手がけるHirokichill、マスタリングは、関西のアンダーグラウンド・パーティにおけるPAやShe luv itで活躍するREDHOT STUDIOのYori、写真は嫁入りランドのメンバーとしても活動する写真家の寺沢美遊が担当。「Scaffolder recordings」のオフィシャル・サイトでは、Dorian、Okadada、nutsmanによる『Sink in』についてのコメントが掲載されています。

 3月30日(土)には、京都 METROにて、リリース・パーティ〈HOMESICK 41 〜ind_fris “Sink in” Release Party〜〉が開催されます。このイベントにはind_frisのほか、Dorian、CeeeSTeeが出演します。

拡大表示拡大表示

再生すると最後まで聞いてしまいます、対峙する事を強制しないというか。
それは対峙してみるとわかる事でもあるのですが。
何かに迎合するのでなく、これみよがしに聞こえる事もありません。
音作り、演奏、構成、フレージング、ミキシング、どれも精神的な無理を感じる事はなく自然です。
本人にしてみれば悩んだりもしたのでしょうけれども
日毎のひらめきや出来事の蓄積が、自然とこの一枚分に達したという様な空気を感じます。
なるべくインドフリスさんの音楽の様なものを聴いていたいと思いました。

――Dorian

「生きてる意味が噛み合う」という事は大げさなものではなく、生活の中で自然に立ち現れては消えていくんじゃないか、とか。
またそうであって欲しいと思う。自分にとって過不足のない日々。
聞いてると気持ちの風通しが良くなって、いつのまにか一日が終わってるような良い日のあの感じ。
月と水と時間と場所についてのレコードなんて、ゴリラだった俺らにもやっぱこんな情緒あったんだよな!
おめでとうフリス、いいレコードです。

――Okadada

暮らしの中に散りばめられた小さな喜び、些細な変化を丁寧に捕まえた。
素晴らしい作品だと思います。
小さいころの川遊び、水中から夏空を見上げるのが好きだった。
その時に聴いたような淡くも透明な音楽。

――nutsman

■2019年3月1日(金)発売
ind_fris
『Sink in』

12inch LP SCF-001 2,500円 + 税
scfrecs.bandcamp.com

[side A]
01. Sink in
02. Guitar under water
03. CASA de NADA

[side B]
01. Airplane going nowhere
02. Mean time
03. Moon inside me
04. Blue moon

Track B-4 Originally composed by Lorenz Hart / Richard Rodgers.
Mastering: Yori (REDHOT STUDIO)
Design & Artwork by Hirokichill.
Photograph by Miyu Terasawa.


HOMESICK 41
〜ind_fris “Sink in” Release Party〜

homesickkyoto.blogspot.jp

2019年3月30日(土)
京都 METRO
開場 22:00
前売 2,500円 当日 3,000円(1ドリンク付)
www.metro.ne.jp

出演: ind_fris / DORIAN / CeeeSTee
DJ: AFR / SHINDO / CAROLIECUT / dj colaboy
FOOD: cafe la siesta


[前売予約]
お名前と枚数を明記の上、件名を「3/30 HOMESICK41 前売」としていただき、 前日までに、ticket(at)metro.ne.jp までメールをお送り下さい
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015