ニュース

“ポスギャル”の安斉かれん、コスメ・ブランド「M・A・C」店頭コレクション・ヴィジュアルに登場

2019/04/19 12:38掲載
はてなブックマークに追加
“ポスギャル”の安斉かれん、コスメ・ブランド「M・A・C」店頭コレクション・ヴィジュアルに登場
 令和の始まりの日となる5月1日(水・祝)にエイベックスより配信シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をリリースしデビューするモデル / アーティストの安斉かれんが、女性ソロ・アーティストとして初めてコスメティック・ブランド「M・A・C」の店頭コレクション・ヴィジュアルのモデルを務めることが決定。

 「ポストミレニアル世代」「SNSへのポスト」などから“ポスギャル”と呼ばれる次世代ギャルのひとりである安斉かれん。インポート古着を取り扱う渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY channel Lab.」の店員として、これまでに多くのファッション系メディアに登場し、注目を浴びてきました。

 安斉が4月より3ヶ月連続でモデルを務める「M・A・C」の店頭コレクション・ヴィジュアルの第1弾となるトレンド・コレクション「TOKYO GIRL / TSUYA SKIN #MACKALENANZAI」が、4月19日(金)から5月16日(木)までブランドの公式オンラインストアと全国の店舗にて展開されます。今回は、最旬トレンドメイクを“カラー”と“肌づくり”の2方向からフォーカスするコレクションとなります。

 なお、安斉かれんのオフィシャル・サイトでは、新進気鋭のクリエイターたちが集結し視覚化された、サイバー・パンクとヴェイパー・ウェイヴが融合したアヴァンギャルドな世界観が広がる「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」の“Non-Music Video”が公開されています。



■2019年5月1日(水・祝)配信開始
安斉かれん
「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」


M・A・C
TOKYO GIRL / TSUYA SKIN #MACKALENANZAI

www.maccosmetics.jp/collections-ruby-woo-tokyo

2019年4月19日(木)〜5月16日(木)
最旬トレンドメイクを“カラー”と“肌づくり”の2方向からフォーカスしたコレクション。M・A・C公式オンラインショップ・全国店舗にて展開
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015