ニュース

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉タイムテーブル&第6弾出演アーティスト発表

2019/07/19 12:12掲載
はてなブックマークに追加
〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉タイムテーブル&第6弾出演アーティスト発表
 8月16日(金)と17日(土)の2日間に亘って北海道・小樽 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催されるオールナイトの野外ロック・フェス〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉の第6弾出演アーティストが発表されています。

 新たに出演が決定したアーティストは、16日がライブシネマ「怪獣の教え」Performed by TWIN TAILSignals中村佳穂、17日がTHE KEBABS、緑黄色社会Heavenstamp(Sally#Cinnamon・ Tomoya.S)、yaiko(矢井田瞳)×takatakaの計7組です。

 併せて、両日のタイムテーブルも決定。東京スカパラダイスオーケストラが初日のメインステージ・SUN STAGに登場。朝陽を迎えるクロージング・アクトには、日本のミクスチャー・ロック・シーンを牽引し続けるDragon Ashに決定。また、今年復活を遂げるNUMBER GIRLは16日21:30からSUN STAGEに、17日21:00にはELLEGARDENがSUN STAGEに登場します。

 さらに、謎に包まれていた“ホッカイカンタビレ / 奥田民生ほか(未定)”の内容も明らかに。〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉期間中、楽屋エリア内に設置される「ホッカイカンタビレ特設スタジオ」にて、フェスのイメージ・ソングを出演アーティストたちとレコーディング。その模様は会場内の特設ビジョンにて生中継されます。また完成した曲は2日目のBOHEMIAN GARDENで披露される予定です。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO
rsr.wess.co.jp/2019
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015