ニュース

Yui & Mahadhi Bohemiansがリリース・ライヴを開催

2021/08/17 12:53掲載
はてなブックマークに追加
Yui & Mahadhi Bohemiansがリリース・ライヴを開催
 8月6日にデビューEP『KAMA WEWE』を配信リリースしたばかりのインスト・バンド、Yui&The Mahadhi Bohemiansが、8月9日に東京・渋谷Under Deer Loungeにてリリース記念ライヴを開催。

 この日は、メンバーのYui Arakawa(per)、白根佳尚(ds,per)、Yahman(b,per)、HamaBuddha(Sound Engineer)の4人に加えて、井上“KB”幸法(g)、堂地誠人(sax)、鈴木掌(Live Painting)らのゲストを招き“踊れてキャッチーなワールドミュージック”を感じられる一夜を彩りました。

 『KAMA WEWE』のカバーアートを手掛けた画家、アートプロデューサー鈴木の描いた作品たちに囲まれたステージにYui Arakawaが登場。レインスティックやカシシをループさせ、Yui Arakawa、白根の2人によるムビラのセッションが始まります。重なり合う音で異空間に旅するライヴの始まりに相応しい幻想的な時間が開幕。ジャンベフィルがきっかけとなり、1st EP『KAMA WEWE』でもオープニングを飾った、パーカッションとムビラのみで構成された楽曲「Kutamba」の演奏がスタート。ステージ上のミュージシャン全員がパーカッションを奏で、曲の世界観を見事に再現し、激しいジャンベソロの後、バンド演奏が加わりライヴアレンジへ。堂地のサックスによるメロディに井上のギターが絡まり合い、まるでジャングルを抜けて太陽の照り返す海辺に出ていくような情景を、バンドの音で演出しました。Yahmanがステージ縁に座り、キューバのバタを叩き始めるとライヴは次の場面へ。Yui Arakawa、白根も加わり3名によるバタセッションを披露。そのまま印象的なベースフレーズから始まる楽曲「Empty club」へと繋がり、哀愁のサックスがアダルトな世界へ。アフロジャズサウンドから徐々に軽快なルンバ、JB'sのようなファンクへと変化していくアレンジは、パーカッショナブルな音楽の歴史の流れを見ているようです。

 ライヴ後半戦は、またしても3人のバタアンサンブルからスタート。メロディ楽器が加わり、インプロビゼーション曲へ。メンバーもどこに向かって行くのかわからないままスタートをするセッションですが、全員が同じ景色を見ながら音でストーリーを描いていけるのがこのバンドの強みの1つ。そこからジャマイカンなダンス・ナンバー「Bona Tempesta」へと続いていきます。RECヴァージョンとは異なった形で展開されていくこの楽曲。エンジニアHama Buddhaが仕掛けるディープなダブアレンジも印象的。是非とも野外フェスでも体感してみたいサウンドです。ここまで1st EPの収録曲順に楽曲を展開し、最後の曲は、EPタイトルにもなっているアフリカン・ポップス「Kama wewe」でこのライヴを締めくくりました。キャッチーなムビラのリフと共に、最後の曲らしくピースフルな風が吹く中、ステージ上の全員がアフリカ生地の衣装を纏い、鈴木掌のLive Paintingとも交わり、音楽だけでなく視覚的にも楽しめるショーとなりました。

 様々な民族楽器とミュージシャン達の卓越したセッションで素晴らしい空間を演出してくれたYui&The Mahadhi Bohemiansは、早くも次のワンマン・ライヴが10月14日(木)神奈川・元住吉POWERS2にて決定しています。

拡大表示


拡大表示


拡大表示




■2021年8月6日(金)配信開始
Yui & The Mahadhi Bohemians
『KAMA WEWE』

lnk.to/KAMA_WEWE

Yui & The Mahadhi Bohemians ワンマン・ライヴ
2021年10月14日(木)
神奈川 元住吉POWERS2
OPEN 18:00 / START 19:00
ADV 3,500円 / DOOR 4,000円
www.powersbar.com/powers2/event/20211014
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015