ニュース

AI、新曲「アルデバラン」がNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌に決定

AI(UNIVERSAL / JPN)   2021/09/27 13:57掲載
はてなブックマークに追加
AI、新曲「アルデバラン」がNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌に決定
 AIの新曲「アルデバラン」が、11月1日(月)放送開始のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の主題歌に決定。この曲は『カムカムエヴリバディ』のために制作された楽曲となっており、「いろんなことが起きてる“この時代”に頑張ってる人」に伝えたい想いが込められています。AIの楽曲が、NHK連続テレビ小説の主題歌に起用されるのは、これが初めてとなります。

 タイトルの「アルデバラン」とは、東の地平線から、プレアデス星団(スバル)に続いて夜空に昇ってくることから、「後に続くもの」と言うアラビア語に由来を持つ牡牛座の1等星。この時代において、この曲が、多くの人たちへの輝きと道しるべになるようにとの願いが重ねられています。

 また、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の放送に先駆けて、9月28日(火)NHK総合『うたコン』に出演し、主題歌「アルデバラン」を初披露します。番組では、初代ヒロイン役の上白石萌音も出演となっており、期待が高まるばかり。この楽曲は、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の放送スタートと合わせて、11月1日(月)にデジタル配信リリースされる予定となっています。そのリリースに先駆けて、リリック・ビデオが公開されています。

 さらに、ドラマ本編でヒロインが聞いているラジオ英語講座をそのまま放送し、朝ドラと英語講座を一緒に楽しみながら英語を学ぶ“朝ドラ×ラジオ英語講座 コラボ番組”『ラジオで!カムカムエヴリバディ』も11月1日(月)からスタートし、天野ひろゆきとAIがレギュラー出演し、英語講師の大杉正明から英会話を楽しく学んでいくので、こちらもお聴き逃しなく。

 今回、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌の発表とともにAIの新たなヴィジュアルと主題歌「アルデバラン」のジャケット写真も公開されました。カメラマン内田将二が撮影したAIの表情は、アーティストであり、女性であり、母であり、“いまのAI”すべてを映し出しているかのよう。このヴィジュアルで、新曲「アルデバラン」と共に歩みだす“新たなAI”から目が離せません。

[コメント]
今回、この『カムカムエヴリバディ』の主題歌をということで、初のNHK連続テレビ小説ってこともあって気合いが入りすぎて、最初はどういう曲にすればいいのか迷いに迷い、やっと出会えた1曲です。
「アルデバラン」この曲の作詞作曲は森山直太朗さんです。
“笑って笑って”という歌詞がありますがいつもの自分が言う“笑って”じゃなく、今回は一緒に乗り越えていこうっていうメッセージを込めて歌いました。
ドラマの主人公の人生と一緒にそして今この時代、いろんなことが起きてるこの時代に頑張ってる人に伝えたい1曲です。
どうか届きますように。

――AI

拡大表示


拡大表示



©NHK

■2021年11月1日(月)配信開始
AI
「アルデバラン」


NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
www.nhk.or.jp/comecome
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015