ニュース

バーシア、9年ぶりのニュー・アルバム『バタフライズ』をリリース

バーシア(Basia)   2018/05/16 12:17掲載
はてなブックマークに追加
 1990年代の女性ヴォーカル・シーンを牽引したシンガー、バーシア(Basia)が、2011年のライヴ・アルバム『From Newport To London』以来9年ぶりとなるニュー・アルバム『バタフライズ』(PCD-27036 2,700円 + 税)を5月16日(水)に日本先行でリリース。日本盤は高音質Blu-specCD2仕様で、歌詞対訳と金澤寿和(Light Mellow)による解説が封入されます。

 バーシアはポーランド出身。80年代初めにイギリスでマット・ビアンコのシンガーとして活動を始め、1987年にアルバム『タイム・アンド・タイド』でソロ・デビュー。ジャズやボサ・ノヴァ、ラテンなどの要素を取り入れ、ジャンルや国境を超えた洗練されたサウンドが人気を呼び、米国でミリオン・セラーを記録。日本でも都市部のFM局を中心にヒット曲を生み出しました。

 2013年と2015年には来日公演が開催されるなど、日本のファンには馴染み深いものの、オリジナル・アルバムとしては、2009年に発表した『イッツ・ザット・ガール・アゲイン』以来の新作となります。デビュー以来のパートナー、ダニー・ホワイトとの共同プロデュースで、マット・ビアンコのマーク・ライリーとの共作曲「Matteo」や、インコグニート作品で知られるリチャード・ブルが参加した「Like Crazy」など全11曲を収録しています。

■2018年5月16日(水)発売
バーシア
バタフライズ

PCD-27036 2,700円 + 税

[収録曲]
01. Bubble
02. Matteo
03. No Heartache
04. Butterfly
05. Where's Your Pride
06. Be.Pop
07. Liang & Zhu
08. Show Time
09. Like Crazy
10. Rachel's Waltz
11. Pandora's Box
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015