ニュース

辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”、『No Flying From Fate』リリース

dissecting table   2021/12/02 12:02掲載
はてなブックマークに追加
辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”、『No Flying From Fate』リリース
 辻一郎のソロ・ユニット“Dissecting Table”が、『No Flying From Fate』を12月3日(金)に18枚限定リリース。

 辻一郎は1966年生まれ。東京で86年から“Dissecting Table”という名義でノイズ・インダストリアル・ミュージックの制作を開始して、98年に故郷の広島に戻り音楽活動を展開。おもに自主レーベル「UPD organization」とヨーロッパとアメリカのレーベルよりレコードやCD作品を発表してきました。初期、中期の作品は、シンセサイザー、サンプラーをシーケンサーで制御することで作品を制作していましたが、2012年頃から、コンピュータでUSB接続デバイスから出力されるPWM信号を制御して音楽制作を行なうようになり、現在は、独自のシンセサイザーシステムを開発しながら作品を制作しています。

 開発シンセサイザーシステムは、主に、コンピュータ、universal serial bus(USB)接続デバイス、ラインセレクタ、フィルタ及び、ミキサーで構成されます。USB接続デバイスは、5つのpulse width modulation(PWM)信号を出力します。PWM信号は、アナログフィルタとデジタルフィルタに入力して変調されます。コンピュータのシーケンサーは、自動計算で演奏データを作ることができます。更に、演奏データは、エディタを用いて変更することができます。演奏データは、各PWM信号の演奏方法を含んでおり、演奏方法は、各PWM信号で異なります。

 本作『No Flying From Fate』の演奏データは、自動計算してエディタで変更しました。1曲目、2曲目及び、3曲目は曲がシンプルです。そして、4曲目、5曲目、6曲目と変わるに従い曲が複雑になり、6曲目は、最も複雑な曲になっています。1曲目、2曲目及び、3曲目は、2つのPWM信号を用いて同期演奏を行ないました。同期演奏の場合、5つのPWM信号の各テンポは同じです。各テンポは、コンピュータで計算され様々に変化します。2つだけアナログフィルタを用いるため、シンプルな音色を繊細に作ることができました。4曲目は、5つのPWM信号を用いて同期演奏を行いました。同時に複数のPWM信号を演奏するため、重厚で複雑な音色を作ることができました。5曲目は、2つのPWM信号を用いて非同期演奏を行ないました。非同期演奏の場合、5つのPWM信号の各テンポが異なるため複雑な演奏ができます。各テンポは、コンピュータで計算され様々に変化します。6曲目は、5つのPWM信号を用いて非同期演奏を行いました。この曲は、本作の中で最も複雑な音色になっています。例えば、ラインセレクタは、4つのPWM信号を入力して4種類のアナログフィルタに接続することができます。PWM信号とアナログフィルタの接続を変更することができるため、入力するPWM信号に応じて各アナログフィルタの音色は様々に変化します。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015