ニュース

カセットテープ・レーベル「duenn」の最終作品『深遠 SHINEN』発売決定

duenn   2018/07/12 13:46掲載
はてなブックマークに追加
カセットテープ・レーベル「duenn」の最終作品『深遠 SHINEN』発売決定
 福岡県在住のエレクトロニクス / コンポーザーであり、Koji Nakamuraと共にアンビエント・イベント〈Haradcore Ambience〉を主催しているduennが運営するカセットテープ・レーベル「duenn」。その最終作品となるコンピレーション『深遠 SHINEN』(dnn-045 税込1,600円)が7月25日(水)にリリースされます。

 2011年3月に発売した『after tape』に始まり、NyantoraOval浅野忠信フルカワミキイクエ・モリなど、多彩なアーティストの作品をカセットテープというフォーマットで発信してきたduennレーベル。通算45作目にして、レーベル最終作品となる『深遠 SHINEN』には、主宰者であるduennを筆頭に、Fabio Perletta、Julie Rousse、Steve Rodenら各国から気鋭のサウンド・アーティストが参加しています。

拡大表示拡大表示


■2018年7月25日(水)発売
V.A.
『深遠 SHINEN』

dnn-045 税込1,600円

[side A]
01. Fabio Perletta「Called Eventi」
02. Julie Rousse「SouthernOscillations」

[side B]
01. Steven roden「skyskygroundgroud」
02. duenn「GAGAKU」

sleeve design by mihara aya
artwork by mihara aya
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015