ニュース

超絶技巧のウッド・ベーシスト/シンガーのエスペランサが待望の2ndアルバムをリリース!

エスペランサ(JAZZ)   2010/07/09 13:28掲載
はてなブックマークに追加
 2008年にアルバム『エスペランサ』(写真)でデビューした、ウッド・ベースを超絶技巧で操りながらヴォーカルもしてしまう現在26歳のベーシスト / ヴォーカリストのエスペランサ(Esperanza)。彼女の2ndアルバム『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』(UCCT-1224 税込2,500円)が8月11日にリリースされます。

 デビュー前には、バークリー音楽院の最年少講師(その前の記録はパット・メセニー)を務めたり、スタンリー・クラークリチャード・ボナとの共演を果たし、ビルボード・コンテンポラリー・ジャズ・チャートの70週以上もランクインしたという、数々の逸話を持つ彼女。

 ファン待望の新作は、ピアノ / アコーディオン奏者、作曲家のギル・ゴールドスタインがプロデュースを担当。ヴィオラやチェロを含めた編成でまさに“チェンバー・ミュージック”を展開、そこにエスペランサの透明感のある飄々とした歌声が乗った、不思議な空間が作り上げられています。そして6曲目の「アップル・ブロッサム」には、“ブラジルの声”ことミルトン・ナシメントがヴォーカルで参加(ゴールドスタインはMPB人脈ともつながりが深い)。エスペランサと芳醇な香りただよう素敵なデュエットを披露しています。

 ベース弾き歌いとしての実力が新たな形で発揮されたこの新作、要チェックです!


※8月11日発売
エスペランサ
『チェンバー・ミュージック・ソサイエティ』
(UCCT-1224 税込み2,500円)

[収録曲]
01.リトル・フライ
02.善悪の知識
03.リアリー・ベリー・スモール
04.チャカレーラ
05.ワイルド・イズ・ザ・ウィンド
06.アップル・ブロッサム
07.アズ・ア・スプロウト
08.ホワット・ア・フレンド
09.ウィンター・サン
10.無意味な風景
11.ショート・アンド・スィート
12.ミッド・ナイト・サン
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015