ニュース

FUGAZIのJoe Lallyがソロ・アルバムを発表!

FUGAZI   2006/07/06掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
FUGAZIのJoe Lallyがソロ・アルバムを発表!
 昨日お伝えした、J.Robbins在籍“Channels”のフル・アルバム情報に続き、DISCHORDより注目のリリースが! DCシーンの重鎮FUGAZIのベーシストであり、レッド・ホット・チリ・ペッパーズジョン・フルシアンテ/Josh Klinghoffer(The Bicycle Thief)とともに結成された“The ATAXIA”のメンバーでもある、Joe Lallyのソロ・アルバム『There to Here』が今年の秋頃(10月を予定)に発売されるとか。無論、録音は数々の名盤を生んだ“Inner Ear Studio”にて(イアン・マッケイ(FUGAZI/THE EVENS)、Don Zientaraが担当)。アルバム参加ゲストには、Eddie Janney (Rites of Spring)、Jason Kourkounis (ホット・スネイクス)、Jerry Busher (French Toast)、Guy Picciotto(FUGAZI)、Danny Frankel、Amy Farina (THE EVENS)と、ため息が出そうな面子が大集合。有無を言わさず購入リストに載せておきましょう。楽しみ!


●Joe Lally『There to Here』
1. Reason To Believe
2. The Resigned
3. Sons and Daughters
4. Like A Baby
5. Lidia's Song
6. Billiards
7. X-Ray The Lullaby
8. There To Here
9. Pick A War
10. Message From Earth
11. Factory Warranty
12. Perforated Line
13. All Must Pay
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015