ニュース

藤田麻衣子、6年ぶりとなるクリスマス・ライヴにて5thアルバム『necessary』のリリースを発表

藤田麻衣子   2019/12/11 13:58掲載
はてなブックマークに追加
藤田麻衣子、6年ぶりとなるクリスマス・ライヴにて5thアルバム『necessary』のリリースを発表
 シンガー・ソングライターの藤田麻衣子が、単独公演としては6年ぶりとなるクリスマス・ライヴ〈藤田麻衣子 Xmas Special Live 2019〉を12月10日に開催。ステージにて、2020年3月に5枚目のオリジナル・アルバム『necessary』をリリースすることを発表しました。

 サポートにインディーズ時代から何度もセッションをしている山本清香(ピアノ)、沖増菜摘(バイオリン)、島津由美(チェロ)らを迎えたクリスマス・ライヴは、アットホームな雰囲気のままアンコールを含め約2時間のステージに。代表曲「素敵なことがあなたを待っている」、クリスマスにちなんだ冬の曲「White Christmas」、今年「NHKみんなのうた」で放送された「wish 〜キボウ〜」、11月に配信リリースされた新曲「思い出にはいつも」など全16曲を披露し、会場を感動の渦に巻き込みました。

 また、『necessary』のリリースはアンコールのMCで発表。サプライズのあと藤田がアルバムの表題曲を含めた新曲2曲を弾き語りすると、観客からは万雷の拍手が送られました。

 前作『wish』以来1年ぶりとなる本作について藤田は、「“どの楽曲も、誰かのことを必要としている歌”だということと、“このアルバムを必要としてる人の元に必ず届くCDになる”と感じていて、タイトルは『necessary』にしました」とコメント。発売日、収録楽曲などは後日発表されます。

 なお、藤田は本ライヴにあわせてYouTubeにて公式チャンネルを開設。インディーズ時代の映像をはじめ、2014年のメジャー・デビュー以降発表された、全9本のミュージック・ビデオをフル・ヴァージョンにて初公開しています。

拡大表示

[コメント]
「どの楽曲も、誰かのことを必要としている歌」だということと、「このアルバムを必要としてる人の元に必ず届くCDになる」と感じていて、タイトルは「necessary」にしました。
「necessary」というタイトルの楽曲もあって、その歌詞に「温もり、視線、会話」という言葉が出てきます。私自身、生きていく中でこれよりも大切なものなんかないなぁと思っているところがあります。
もちろん衣食住は大切なんですが、愛情ってとても大切で、それが伝わる瞬間って、「温もり、視線、会話」なんじゃないかなって。
一番必要なものだと思っていることについても書けたので、アルバムのタイトルは「necessary」しかない!と思いました。
恋人とかパートナーとか、家族とか、子どもとか、ペットとか、友達とか、みなさんそれぞれに大切な人がいると思います。限定する歌じゃなく、みなさんそれぞれの大切な人が浮かぶようなアルバムを、作れたらなぁと思っています。楽しみにしていてください。

――藤田麻衣子

■2020年3月
藤田麻衣子
『necessary』

※発売日、収録楽曲名、商品仕様などは後日発表

YouTube 藤田麻衣子公式チャンネル
www.youtube.com/c/fujitamaiko
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015