ニュース

叙情派UKロック・バンド ゴールドラッシュ、3年ぶりの新作発売

ゴールドラッシュ   2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ダヴズコールドプレイなどのような叙情派UKロックの新星として、2002年にアルバム『ドント・ブリング・ミー・ダウン』(写真)でデビューを飾った、英オックスフォードのロック・バンド、ゴールドラッシュ。近年ではシューゲイザー・バンド、ライドの元メンバーであるマーク・ガードナーと“ニール・ヤングクレイジー・ホース”のような関係を続けており、マーク・ガードナーの初ソロ作にも参加する予定となっていますが、まずはその前に、彼ら自身のニュー・アルバム『Ozona』がリリースされます!

 約3年ぶりとなる新作は、新たに契約を結んだBetter Looking Recordsより発表されるもので、マーキュリー・レヴザ・フレーミング・リップスらで知られるサウンドの魔術師デイヴ・フリッドマン、カリフォルニアの歌ものサイケ・バンド、タイドなどで知られるRob Campanellaの2人をプロデューサーに起用。新人とは思えないズバ抜けたクオリティをみせたデビュー作にも負けないドリーミィーなポップ・ロックを披露しています。リリースはUS盤が7月26日、UK盤が8月22日にそれぞれ予定。さらなる成長を遂げたメロディ・センス光る好バンドにご注目ください!

『Ozona』
01. Wait for the Wheels
02. All the Faces
03. Jupiter
04. Counting Song
05. Feel
06. Let You Down
07. Each Moment in Time
08. Come on Come On
09. There's a World
10. What I Thought
11. Outro
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015