ニュース

叙情派UKロック・バンド ゴールドラッシュ、3年ぶりの新作発売

ゴールドラッシュ   2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ダヴズコールドプレイなどのような叙情派UKロックの新星として、2002年にアルバム『ドント・ブリング・ミー・ダウン』(写真)でデビューを飾った、英オックスフォードのロック・バンド、ゴールドラッシュ。近年ではシューゲイザー・バンド、ライドの元メンバーであるマーク・ガードナーと“ニール・ヤングクレイジー・ホース”のような関係を続けており、マーク・ガードナーの初ソロ作にも参加する予定となっていますが、まずはその前に、彼ら自身のニュー・アルバム『Ozona』がリリースされます!

 約3年ぶりとなる新作は、新たに契約を結んだBetter Looking Recordsより発表されるもので、マーキュリー・レヴザ・フレーミング・リップスらで知られるサウンドの魔術師デイヴ・フリッドマン、カリフォルニアの歌ものサイケ・バンド、タイドなどで知られるRob Campanellaの2人をプロデューサーに起用。新人とは思えないズバ抜けたクオリティをみせたデビュー作にも負けないドリーミィーなポップ・ロックを披露しています。リリースはUS盤が7月26日、UK盤が8月22日にそれぞれ予定。さらなる成長を遂げたメロディ・センス光る好バンドにご注目ください!

『Ozona』
01. Wait for the Wheels
02. All the Faces
03. Jupiter
04. Counting Song
05. Feel
06. Let You Down
07. Each Moment in Time
08. Come on Come On
09. There's a World
10. What I Thought
11. Outro
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015