ニュース

叙情派UKロック・バンド ゴールドラッシュ、3年ぶりの新作発売

ゴールドラッシュ   2005/08/04掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ダヴズコールドプレイなどのような叙情派UKロックの新星として、2002年にアルバム『ドント・ブリング・ミー・ダウン』(写真)でデビューを飾った、英オックスフォードのロック・バンド、ゴールドラッシュ。近年ではシューゲイザー・バンド、ライドの元メンバーであるマーク・ガードナーと“ニール・ヤングクレイジー・ホース”のような関係を続けており、マーク・ガードナーの初ソロ作にも参加する予定となっていますが、まずはその前に、彼ら自身のニュー・アルバム『Ozona』がリリースされます!

 約3年ぶりとなる新作は、新たに契約を結んだBetter Looking Recordsより発表されるもので、マーキュリー・レヴザ・フレーミング・リップスらで知られるサウンドの魔術師デイヴ・フリッドマン、カリフォルニアの歌ものサイケ・バンド、タイドなどで知られるRob Campanellaの2人をプロデューサーに起用。新人とは思えないズバ抜けたクオリティをみせたデビュー作にも負けないドリーミィーなポップ・ロックを披露しています。リリースはUS盤が7月26日、UK盤が8月22日にそれぞれ予定。さらなる成長を遂げたメロディ・センス光る好バンドにご注目ください!

『Ozona』
01. Wait for the Wheels
02. All the Faces
03. Jupiter
04. Counting Song
05. Feel
06. Let You Down
07. Each Moment in Time
08. Come on Come On
09. There's a World
10. What I Thought
11. Outro
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015