ニュース

セネガル出身のジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サムが6月に初来日ツアーを開催

エルヴェ・サム(HERVE SAMB)   2018/04/17 12:28掲載
はてなブックマークに追加
セネガル出身のジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サムが6月に初来日ツアーを開催
 セネガル・ダカール出身でフランスとの二重国籍を持ち、現在はパリを拠点に活動するジャズ・ギタリスト、エルヴェ・サム(Herve Samb)が6月に初来日ツアーを開催。6月13日(水)神奈川・横浜 カモメ、15日(金)東京・代官山 晴れたら空に豆まいて、16日(土)京都・ボンズロザリー、17日(日)大阪・梅田 Mr.Kelly's、18日(月)岡山・蔭凉寺、19日(火)愛知・名古屋 Star Eyesの6公演が発表されています。また、大阪・岡山・名古屋の3公演には、ギタリストの小沼ようすけがゲストとして出演します。

 2017年8月に最新アルバム『テランガ』を日本先行でリリースしたサム。ピエール・ヴァン・ドルマルにギターを師事し、デヴィッド・マレイミシェル・ンデゲオチェロ、小沼ようすけらのレコーディングに参加。これまでに2枚のジャズ・アルバムと、ダニエル・モレノとの共作盤を1枚リリースしています。リーダー活動の一方、リサ・シモン(ニーナ・シモンの娘)や、NY在住シンガーSOMIのミュージカル・ディレクターも務めています。また、マーカス・ミラーのパリ公演に招待され、ゲストとして共演するなど、近年注目度が高まっています。

 セネガルの言葉で“もてなし”“温かく歓迎する”などの意味を持つ『テランガ』は、セネガルで録音されたアフリカ民族音楽とジャズのミクスチュア作品。ギター、エレクトリック・ベース、サバール、ドラムの基本編成に、シンガー、弦楽四重奏団、ラッパーなど曲ごとに様々なゲストが入り、サムの多彩な音楽性を示すアルバムとなっています。



Herve Samb “Teranga” Tour de Japon 2018

6月13日(水)
神奈川 横浜 カモメ
開演 20:00
4,500円
www.yokohama-kamome.com

6月15日(金)
東京 代官山 晴れたら空に豆まいて
開場 19:00 / 開演 20:00
前売 5,000円 / 当日 5,500円
mameromantic.com

6月16日(土)
京都 ボンズロザリー
開場 18:30 / 開演 19:30(2sets)
前売 5,000円 /当日 5,500円
Opening Act:KOJI MURAKAMI GROUP

www.bondsrosary.com

6月17日(日)
大阪 梅田 Mr.Kelly's
開場 17:30 / 開演 19:00
1show 4,000円 / 2shows通し 6,000円
Guest: 小沼ようすけ

www.misterkellys.co.jp

6月18日(月)
岡山 蔭凉寺
開演19:30
前売 5,000円 / 当日 5,500円
Guest: 小沼ようすけ
Opening Act: KOJI MURAKAMI GROUP

問: 086-223-5853

6月19日(火)
愛知 名古屋 Star Eyes
開場 18:00 / 開演 19:30
前売 5,000円 / 当日 5,500円
Guest: 小沼ようすけ

www.stareyes.jp
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015