ニュース

久石 譲、震災チャリティ・ツアーがスタート!

久石譲   2011/06/10 15:17掲載
はてなブックマークに追加
久石 譲、震災チャリティ・ツアーがスタート!
 去る6月9日(木)、東京国際フォーラムホールにて久石 譲のコンサート<久石譲 3.11チャリティコンサート>が開催!

 この公演は、4月末に気仙沼、陸前高田、大船渡を訪れた久石が、被災地の学校でピアノや楽器が流された現状を見て、音楽家としての強い想いから企画。公演に先立ち、久石は「震災後、各所で癒しや和みをテーマにしたチャリティ・コンサートがいくつか開催されましたが、もうそんな時期ではないんじゃないだろうか?と思いました。今、音楽家として本来、伝えなければいけないことがあるのでは?」と、公演開催に至った経緯を語っています。

 ステージに上がった久石が静かに、かつ力強くタクトを下ろすと、1曲目の『風の谷のナウシカ』のメロディが奏でられ、舞台後方設置された巨大スクリーンには、映画のシーンが映し出される。この日のコンサートは、久石がこれまでに手がけた映画音楽にあわせ、それぞれの映画のシーンを上映する映像と音楽のコラボレーション。これまで、ジブリ作品とのコラボ公演はありましたが、ほかの作品を交えた全編、自身の映画音楽と映像だけで構成するコンサートは初めての試み!

 95人編成の東京ニューシティ管弦楽団に、特別編成された総勢120人の合唱団、さらに50名の少年少女合唱隊が加わり、ジブリ作品、北野 武監督作品、日本未公開の中国映画の音楽が次々に演奏されていく。総勢250人以上の演者が出す迫力ある音、巨大スクリーンに上映される映画と、なんとも贅沢な空間を演出。

 13曲目の『悪人』コーナーでは久石が自ら撮影した被災地の写真がスクリーンに映し出され、オーディエンスにメッセージを訴えかける。冒頭、久石が語った「今、音楽家として伝えたい」という言葉を改めて理解することのできるステージとなりました。

 なお、この日の公演の全収益は、東日本大震災の被災地で楽器を失った子供たちへ、楽器を贈るべく使われるとのこと。同公演は引き続き、大阪(6月18日)、パリ(6月23日)、北京(7月9日)でも開催されます。


久石譲

久石譲

久石譲
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015