ニュース

久石 譲、震災チャリティ・ツアーがスタート!

久石譲   2011/06/10 15:17掲載
はてなブックマークに追加
久石 譲、震災チャリティ・ツアーがスタート!
 去る6月9日(木)、東京国際フォーラムホールにて久石 譲のコンサート<久石譲 3.11チャリティコンサート>が開催!

 この公演は、4月末に気仙沼、陸前高田、大船渡を訪れた久石が、被災地の学校でピアノや楽器が流された現状を見て、音楽家としての強い想いから企画。公演に先立ち、久石は「震災後、各所で癒しや和みをテーマにしたチャリティ・コンサートがいくつか開催されましたが、もうそんな時期ではないんじゃないだろうか?と思いました。今、音楽家として本来、伝えなければいけないことがあるのでは?」と、公演開催に至った経緯を語っています。

 ステージに上がった久石が静かに、かつ力強くタクトを下ろすと、1曲目の『風の谷のナウシカ』のメロディが奏でられ、舞台後方設置された巨大スクリーンには、映画のシーンが映し出される。この日のコンサートは、久石がこれまでに手がけた映画音楽にあわせ、それぞれの映画のシーンを上映する映像と音楽のコラボレーション。これまで、ジブリ作品とのコラボ公演はありましたが、ほかの作品を交えた全編、自身の映画音楽と映像だけで構成するコンサートは初めての試み!

 95人編成の東京ニューシティ管弦楽団に、特別編成された総勢120人の合唱団、さらに50名の少年少女合唱隊が加わり、ジブリ作品、北野 武監督作品、日本未公開の中国映画の音楽が次々に演奏されていく。総勢250人以上の演者が出す迫力ある音、巨大スクリーンに上映される映画と、なんとも贅沢な空間を演出。

 13曲目の『悪人』コーナーでは久石が自ら撮影した被災地の写真がスクリーンに映し出され、オーディエンスにメッセージを訴えかける。冒頭、久石が語った「今、音楽家として伝えたい」という言葉を改めて理解することのできるステージとなりました。

 なお、この日の公演の全収益は、東日本大震災の被災地で楽器を失った子供たちへ、楽器を贈るべく使われるとのこと。同公演は引き続き、大阪(6月18日)、パリ(6月23日)、北京(7月9日)でも開催されます。


久石譲

久石譲

久石譲
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015