ニュース

HY「366日」がYouTubeで1千万回再生到達!

HY   2011/02/08 15:20掲載
はてなブックマークに追加
HY「366日」がYouTubeで1千万回再生到達!
 沖縄在住のインディーズ・バンド、HYの「366日」の動画が、YouTube Japanでの再生回数が、1千万回超えを達成しました(インディーズ・アーティストの単独動画再生回数としては初)!

 「366日」は、2008年4月にリリースされた、5枚目のアルバム『HeartY』に収録された、HYの紅一点の仲宗根泉が歌い上げるラヴ・バラード。2008年12月に、“映画×ドラマ”のコラボが話題を呼んだ『赤い糸』(松竹・フジテレビ系)の主題歌に抜擢され、女子高生を中心に爆発的なヒットとなり、現在まで音楽配信サイトでも480万ダウンロードを超えている名曲。

 携帯配信サイト「music.jp」では、2008年12月から、翌年2月までの3ヵ月、着うたフル(R)の月間アワード1位を獲得しており、また、2010年10月には「レコチョク」での配信がスタートすると、リリースから2年半の時を経て、デイリーチャート1位を獲得。

 同曲は、“それでもいい それでもいいと思える恋だった”という歌詞からはじまる、叶わぬ恋をテーマにした楽曲。“1年365日思っても思っても足りないくらいの思い”から「366日」というタイトルが生まれ、サビの“恐いくらい覚えているの あなたの匂いや しぐさや全てを・・・”という、失恋の胸にうずく痛みを捉えたフレーズが共感を呼んでいます。


オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015