ニュース

石崎ひゅーいの新曲がテレビ東京ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」主題歌に決定

石崎ひゅーい   2018/12/14 12:12掲載
はてなブックマークに追加
石崎ひゅーいの新曲がテレビ東京ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」主題歌に決定
 シンガー・ソングライターの石崎ひゅーいの新曲「あなたはどこにいるの」が、動画配信サービス「Paravi」とテレビ東京グループによる連続ドラマ“ドラマパラビ”第2弾「さすらい温泉 遠藤憲一」の主題歌に決定。

 「さすらい温泉 遠藤憲一」は、“中井田健一”と名乗り、日本各地の名湯・秘湯で“凄腕男仲居”として働く俳優・遠藤憲一に密着を続けるという虚実入り混じった全く新しい密着温泉ドキュメンタリー・ドラマ。2019年1月16日(木)深夜1時35分よりスタートする地上波放送に先駆け、動画配信サービス「Paravi」では12月20日(木)より配信スタートされます。

 同ドラマ主題歌「あなたはどこにいるの」は、石崎本人が「新しい視点で曲が出来た」と手応えを感じている書きおろしの新曲。同楽曲について主演の遠藤は「石崎ひゅーいさんはとてもナイーブな方、だけど歌声は力強い。そのアンバランスな魅力と、耳に残るイントロが印象的」とコメントしています。

「さすらい温泉 遠藤憲一」の主題歌「あなたはどこにいるの」を書き下ろしさせて頂きました。
やっぱりテレビ東京。今までに見たことのないようなドラマで革新的で挑戦的。
僕もそれに負けないように描かなくちゃなぁと思って頑張りました。
温泉街で起きる情緒溢れる人間ドラマ、そこで葛藤する人々とさすらう遠藤憲一さんの背中が綺麗でした。
優しさとか儚さとかエロさとかそんなものをまとめて弾丸にしたような感覚です。
おかげさまで自分としても今までにない新しい視点で曲ができたと思います!
ババンババンバンバン! お楽しみに!

――石崎ひゅーい

ちょっと懐かしくて、ちょっと切ない、だけどエネルギッシュな曲です。
さすらい温泉もどこか昭和チックで胸がキュっとしながらも
前に向かっていくドラマなのでぴったりだと思います。
石崎ひゅーいさんはとてもナイーブな方、だけど歌声は力強い。
そのアンバランスな魅力と、耳に残るイントロが印象的です。楽しみにして下さい!

――遠藤憲一

「さすらい温泉 遠藤憲一」という摩訶不思議な作品に立ち向かえる楽曲を作れるのは
ひゅーい君しかいない、と企画立ち上げ時点から思っていました。
日本の文化に根差す温泉。温泉と言えば裸。裸と言えばエロス。エロスと言えば石崎ひゅーい。
なぜかそう思ってしまったのですね。
ロックなんだけど、スタイリッシュでアンニュイで、どこか歌謡曲のような色気を持つ最高の曲です。

――ドラマ・プロデューサー・阿部真士

拡大表示


「さすらい温泉 遠藤憲一」
テレビ東京系
2019年1月16日(水)深夜25:35〜
動画配信サービス「Paravi」では、2018年12月20日(木)から配信スタート
www.tv-tokyo.co.jp/sasuraionsen
 
[あらすじ]
凄腕の男仲居“中井田健一”と名乗る遠藤憲一は、行きずりの人々の「人生」に触れながら、今日もほっこり湯につかる「役者引退宣言」を発表したと噂される遠藤憲一。真相を探るべくスタッフが向かった先で見たものは驚くべき光景だった。なんと遠藤憲一が、その身分を隠し“凄腕の男仲居”として日本各地の秘湯・名湯で働いていたのだ。そこで出会ったワケあり美女たちの事情にクビを突っ込み、問題を解決してあげようと駆け回るのだが、彼女たちに惚れてしまったり、ちょっとした事件に巻き込まれてしまったり。いったいなぜ、遠藤憲一はこんなことをしているのか。密着を続けていくうちに目にしたものは、驚くべき人間ドラマの数々だった――。


放送時期: 2019年1月クール
放送時間: 水曜深夜1時35分 ※BSテレ東では2019年4月クールに放送予定
配信: 動画配信サービス「Paravi」にて、12月20日(木)から第一湯から第三湯までを先行配信決定
主演: 遠藤憲一
出演: 第一湯 ともさかりえ / 第二湯 山口紗弥加 / 第三湯 大場美奈(SKE48)
主題歌: 石崎ひゅーい「あなたはどこにいるの」(EPICレコードジャパン)
脚本: 田中眞一(「みんな!エスパーだよ!」「怪奇恋愛作戦」「バチスタシリーズ」etc)
監督: 後藤庸介(「代償」「妄想彼女」「パンセ」「世にも奇妙な物語」)
プロデューサー: 阿部真士(「娘の結婚」「パンセ」「モテキ」「みんな!エスパーだよ!」etc)
制作: テレビ東京/コギトワークス
製作著作: 「さすらい温泉 遠藤憲一」製作委員会
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015