ニュース

ジャーヴィス・コッカー、フランス映画「アマンダと僕」ED曲を書き下ろし

ジャーヴィス・コッカー(Jarvis Cocker)   2019/04/25 13:23掲載
はてなブックマークに追加
ジャーヴィス・コッカー、フランス映画「アマンダと僕」ED曲を書き下ろし
 2019年6月22日(土)より東京・シネスイッチ銀座、東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開されるフランス映画「アマンダと僕」の予告編がYouTubeで公開されています。同作は、第31回〈東京国際映画祭〉の最高賞となる“東京グランプリ”と“最優秀脚本賞”をダブル受賞しています。

 パリで暮らす24歳の青年(バンサン・ラコスト)が、ある悲劇で姉を亡くし、その幼い娘アマンダ(イゾール・ミュルトリエ)の面倒を見るというストーリーが展開される本作。2人は突然の悲劇を受け入れられず衝突していたものの、徐々に絆を深めていく姿を描いたヒューマン・ドラマです。2人の心の機微を丁寧に描き出す演出が見どころのひとつとなっています。


 本作のエンディング曲をパルプ(Pulp)のジャーヴィス・コッカー(Jarvis Cocker)が書き下ろし、感動のラストを彩っています。新曲「Elvis Has Left the Building」を含む映画のサウンドトラックがSpotifyAmazon musicで公開されています。


©2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

「アマンダと僕」
2019年6月22日(土)より東京 シネスイッチ銀座、東京 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
www.bitters.co.jp/amanda/

監督・脚本: ミカエル・アース
共同脚本: モード・アムリーヌ
撮影監督: セバスチャン・ブシュマン
音楽: アントン・サンコ
出演: ヴァンサン・ラコスト / イゾール・ミュルトリエ / ステイシー・マーティン / オフェリア・コルブ / マリアンヌ・バスレー / ジョナタン・コーエン / グレタ・スカッキ
配給: ビターズ・エンド
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015