ニュース

純名りさ、本格的初アルバムはクラシカル・クロスオーヴァー

純名りさ   2007/07/18掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 女優として知られる純名りさが、歌手としてアルバムをリリースに。『ミスティ・ムーン』(写真・BVCF-34118 税込\3,059)というタイトルで、8月22日に発売となります。過去にCDを出したこともある彼女ですが、本格的なアルバムとしてはこれが初。ジョシュ・グローバンサラ・ブライトマンに通じる、クラシカル・クロスオーヴァー・アルバムになっているようです。

 サン=サーンスの「白鳥」やJ.S.バッハグノーによる「アヴェ・マリア」などのクラシックはもちろん、「オーヴァー・ザ・レインボウ」(『オズの魔法使い』)といったミュージカル・ナンバー、「ムーン・リヴァー」(『ティファニーで朝食を』)、「スマイル」(『モダン・タイムス』)といった映画でお馴染みの楽曲まで、幅広く挑戦。全曲のアレンジは、船山基紀が担当しています。

 宝塚歌劇団出身であり、近年では京都フィルハーモニー管弦楽団や東京シティフィルハーモニック管弦楽団とも共演を果たすなど、その歌唱力は折り紙つき。今年は“歌の年にしたい”とのことですので、今後の活動にも注目しましょう。


『ミスティ・ムーン』収録曲
01.オーヴァー・ザ・レインボウ 〜ミュージカル『オズの魔法使』
02.月の庭 (詞・曲:松本俊明)
03.ストレンジャー・イン・パラダイス 〜ミュージカル『キスメット』(based on Borodin's “Polovetsian Dances”)
04.白鳥 [SWAN] 〜組曲「動物の謝肉祭」
05.ムーン・リヴァー (日本語ヴァージョン/詞:森雪之丞) 〜映画『ティファニーで朝食を』
06.コーリング・ユー 〜映画『バクダッド・カフェ』
07.スマイル 〜映画『モダン・タイムズ』
08.アヴェ・マリア(J.S.バッハ/グノー)
09.ムーン・リヴァー 〜映画『ティファニーで朝食を』 ※ボーナス・トラック
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015