ニュース

KEN ISHIIがDOSEMとのコラボ新曲と「PAC-MAN CHALLENGE」テーマ曲の配信開始

ケン・イシイ   2019/07/16 13:53掲載
はてなブックマークに追加
KEN ISHIIがDOSEMとのコラボ新曲と「PAC-MAN CHALLENGE」テーマ曲の配信開始
 今秋に13年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースすることを発表したKEN ISHIIが、スペインの人気DJ / プロデューサーであるDOSEM(ドーゼム)とのコラボ曲「KEN ISHII with DOSEM - Green Flash」と「The World of PAC-MAN (Official Theme Song for PAC-MAN CHALLENGE)」の2曲の配信を7月12日より開始。

 以前からケンイシイへのリスペクトを公言している“カタルーニャの太陽”と呼ばれるスペインのスターDJ、DOSEMは「Green Flash」について、「僕は日本の文化全般を愛しているが、ケンはその中における真の音楽的アイコンだ。彼の新しいアルバムでコラボレーションすることについて話したとき、面白い何かが出来ることを確信したし素晴らしいアイデアだと思った。そしてコラボレイトの結果についても嬉しく思うよ。この曲は2人それぞれの個性を感じさせる曲となっているんだ」とコメントを寄せています。

 一方の「The World of PAC-MAN(Official Theme Song for PAC-MAN CHALLENGE)」は、株式会社バンダイナムコアミューズメントが開発した、最新のVRデバイス「Oculus Quest」を用いたVRアクティビティ「アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE(パックマンチャレンジ)」のテーマ曲。1980年に登場後、日本のみならず世界中から愛されている「パックマン」のおなじみのゲーム・サウンドが、ケンイシイの手によりフューチャリスティックでポップなテクノ・ミュージックへと生まれ変わっています。

 「アスレチックVR PAC-MAN CHALLENGE」は、プレイヤー自身がパックマンになり、ゴーストから逃げながら全身でクッキーを集めてラウンドクリアを目指すアクティビティ。7月12日(金)に東京・池袋 サンシャインシティにオープンした“アニメとゲームに入る場所”MAZARIA(マザリア)、また大阪・梅田 VR ZONE OSAKAで体験できます。

ケンの音楽に触れたのは、僕の故郷、ジローナにあるクラブ「La Sala del Cel」で、もう何年も前のこと。

「Jelly Tones」や『SUNRISER』など彼の作品が持つ独自な音楽スタイルと同じくらいにその時最も印象に残ったことは、彼のDJテクニックと機材を前にした(DJブースに立った)時の彼のカリスマ性だ。

やがて僕達は互いに知り合いコラボレーションする機会を得た。彼の様なキャリアを持つアーティストと一緒に仕事をすることができたことを誇りに思うよ。

一方、僕は日本の文化全般を愛しているが、ケンはその中における真の音楽的アイコンだ。彼の新しいアルバムでコラボレーションすることについて話したとき、面白い何かが出来ることを確信したし素晴らしいアイデアだと思った。そしてコラボレイトの結果についても嬉しく思うよ。この曲は2人それぞれの個性を感じさせる曲となっているんだ。

ケンイシイのニュー・アルバムのための僕たちのコラボをチェックして欲しい。皆が気に入ってくれることを願っているよ!!

――DOSEM



■2019年7月12日(金)配信開始
KEN ISHII
「Green Flash」

linkco.re/GyB96PEG
税込250円

[収録曲]
01. Ken Ishii with Dosem - Green Flash(Original Extended Mix)
02. Ken Ishii with Dosem - Green Flash(Dosem Remix)

■2019年7月12日(金)配信開始
KEN ISHII
「The World of PAC-MAN - Single」

linkco.re/PZUb2Ms9
税込250円

[収録曲]
01. The World of PAC-MAN(Official Theme Song for PAC-MAN CHALLENGE)
02. The World of PAC-MAN(Original Mix)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015