ニュース

ベストセラー小説『さよならドビュッシー』が映画化。清塚信也がピアノ教師役で俳優デビュー!

清塚信也   2012/12/04 15:01掲載
はてなブックマークに追加
ベストセラー小説『さよならドビュッシー』が映画化。清塚信也がピアノ教師役で俳優デビュー!
 第8回「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社主催)で大賞を受賞した中山七里の小説『さよならドビュッシー』(宝島社刊)が映画化! 2013年1月26日(土)より、新宿ピカデリーほか全国でロードショーとなります。

 監督は『クロエ』(2001年)以来、約10年ぶりにメガホンを取った利重 剛。音楽にこだわりを持つ利重監督らしく、ドビュッシーの名曲を存分に聴かせながら、極上のミステリー作品に仕上がっています。

 主演を務めるのは、『貞子3D』の“美しすぎる貞子”で注目された女優、橋本 愛。『桐島、部活辞めるってよ』や『ツナグ』など話題作に次々と出演し、若手実力派俳優として今後の活躍が非常に期待されています。

 橋本にとって初となる単独主演の本作では、火事で全身大やけどを負いながら、ピアニストの夢を追うヒロインの香月 遥に挑戦し、クライマックスではピアノ演奏を堂々と演じきりました。秘めた思いを貫く少女の姿は、観客の涙を誘うことでしょう。

 孤独な遥を献身的に支えるピアノ教師の岬 洋介には、“クラシック界の貴公子”ことピアニストの清塚信也が起用されました。人気TVドラマ『のだめカンタービレ』や、映画『神童』での音楽指導や吹き替え演奏を担当したことで知られ、本作で俳優デビューを飾ります。劇中ではピアノを華麗に弾いた後、セリフまでワンカットで一気に演じるという、本職ならではの演技を見せています。

 その他、遥の祖父役に飄々とした演技が人気のミッキー・カーチス、遥の主治医役に吉沢 悠が。柳 憂怜熊谷真実サエキけんぞう戸田恵子三ツ矢雄二など個性派が脇を固めているのも見逃せません。

映画『さよならドビュッシー』
2013年1月26日(土)より、新宿ピカデリーほか全国でロードショー
good-bye-debussy.com

出演:橋本 愛、清塚信也、ミッキー・カーチス、柳 憂怜、相築あきこ、山本剛史、清水紘治、熊谷真実、サエキけんぞう、戸田恵子、三ツ矢雄二、吉沢 悠
原作:中山七里『さよならドビュッシー』(宝島社刊)
脚本:牧野圭祐、利重 剛
音楽:小野川浩幸
監督:利重 剛
配給:東京テアトル
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015