ニュース

映画『いとみち』弘前さくらまつり、田んぼアート、平川ねぷたまつりなど青森コラボ続々決定 

駒井蓮   2021/04/12 12:08掲載
はてなブックマークに追加
映画『いとみち』弘前さくらまつり、田んぼアート、平川ねぷたまつりなど青森コラボ続々決定 
 大ベストセラー『陽だまりの彼女』の作者である越谷オサムによる同名の青春小説を原作とし、駒井蓮豊川悦司が父娘役で出演する映画『いとみち』が、6月18日(金)より青森先行上映&6月25日(金)より全国公開されます。

 本作の主人公の相馬いと(駒井蓮)は、津軽三味線が得意な青森・弘前市の高校生。津軽三味線を弾く時に爪にできる糸道に名前の由来を持ちます。強い津軽弁の訛りにコンプレックスを持ち話すことが苦手で友人も少ないですが、芯はじょっぱり(意地っ張り)一大決心をして津軽メイド珈琲店でのアルバイトをはじめたことをきっかけに、祖母(西川洋子)、父(豊川悦司)、バイト仲間たち(幸子: 黒川芽以、智美: 福田真悠、店長: 中島歩、オーナー: 古坂大魔王、常連客: 宇野祥平)、友達の早苗(ジョナゴールド)に励まされ、16歳のいとは成長していきます。

 そして、映画『いとみち』はオール青森ロケで、地元の応援は日々高まっており、コラボイベントも続々決定しています。

 まずは、4月23日(金)〜5月5日(水・祝)に開催される弘前市のさくらまつりで、まつり公式応援“キャラクター桜ミク×『いとみち』いと”によるコラボイラストが完成。描き下ろしはもりちか。このイラストは、さくらまつりのPRに活用される他、津軽三味線世界大会ポスターにも採用され、若い世代へのアピールに一役買っています。この他、弘前駅前の歓迎ボードや商店街フラッグ、歓迎ポスター、ロケ地マップなど、公開になる6月には弘前の街を『いとみち』一色に染め上げる準備が進められています。

 次に、田んぼアートの先駆けとして有名な田舎館村が、第28回田んぼアート第2会場のアートテーマとして本作を決定。図柄は縦約70メートル、横約155メートル。7色10種類の稲を絵具代わりに、田んぼをキャンバスに見立てて、岩木山を背景とし、出演の駒井蓮、豊川悦司、古坂大魔王、ジョナゴールド、西川洋子を描きます。観覧期間は6月12日(土)から10月3日(日)まで。見ごろは7月中旬から1ヵ月程度。

 また、板柳町では和菓子などコラボ商品を多数展開。町役場では懸垂幕やミニ写真展、板柳町ふるさとセンター工芸館でのいとと並べる顔出し看板など“映える”スポットを設置。ロケ地も数多くの聖地巡礼の整備も検討しています。

 そして、主演女優駒井蓮の出身地、平川市では8月に行なわれる「平川ねぷたまつり」とのコラボが決定。詳細は今後発表されます。そのほか応援コメントも続々到着。

[コメント]
あったかい映画です。人も、津軽の風景も。そして、三味線の響きも。耳にやさしい(?)津軽弁も。なによりもいとちゃんの撥さばきがすばらしい!
泣けます。「泣かされる」のでなく、ごく自然に。

――安彦良和(漫画家)

三味線や津軽弁が心地よく、じんわりほっこりします。不器用ないとちゃんの成長とまわりの人の暖かさ。あぁ青春だなぁ・・・
――もりちか(漫画家・イラストレーター)

映画『いとみち』は青森県民の“お祭り”です。沢山のみなさまのご協力により、コロナ禍での撮影が無事終了。地域のコラボも盛り沢山。さぁ、今度は、みんなで映画を観よう!みんなで青森県をPRしよう!そして次はみんなでロケ地を歩こう!
――弘前FC実行委員長 白戸大吾

軽の風土や津軽弁の温かさなどを存分に感じ取ることができ、津軽愛あふれる素晴らしい作品です。田舎館村では田んぼアートとして『いとみち』を制作させていただきますが、このような作品に関わらせていただくことをとても光栄に思います。映画とともに津軽の魅力を発信し、微力ながらコロナ禍における青森県内の観光需要回復に貢献できれば幸いです。映画『いとみち』の御盛況を心よりお祈り申し上げます。
――田舎館村長 鈴木孝雄

「りんごの里」板柳らしいあたたかみと手作り感あふれるコラボ商品を「いとみちコラボ応援隊」の5店が準備しました。いとが住むまち板柳は、町ぐるみで映画『いとみち』を応援します!
――板柳町役場産業振興課 田中優喜

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で実施できなかった「平川ねぷたまつり」。今年は昨年からの想いが詰まった特別な祭りになります。沿道の観衆と一体となって盛り上がるのが平川のねぷたです。『いとみち』とのコラボでさらに盛り上げ、映画を応援します!
――平川市役所総務部総務課 相馬貴弘

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

©2021『いとみち』製作委員会

『いとみち』
2021年6月18日(金)より青森先行上映&6月25日(金)より全国公開
www.itomichi.com
配給: アークエンタテインメント株式会社
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015