ニュース

小松菜奈×門脇 麦「さよならくちびる」劇中デュオ、あいみょん提供挿入歌の特別映像公開

小松菜奈   2019/05/24 12:54掲載
はてなブックマークに追加
小松菜奈×門脇 麦「さよならくちびる」劇中デュオ、あいみょん提供挿入歌の特別映像公開
 小松菜奈門脇 麦をダブル主演に迎え、成田 凌ほか映画界の“旬”なキャストで贈る青春音楽映画「さよならくちびる」が、5月31日(金)に東京・TOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー。監督・脚本・原案は、海外の映画祭でも高評価を得ている『害虫』『どろろ』の塩田明彦小松菜奈演じる“レオ”と門脇 麦演じる“ハル”による人気女性ギター・デュオ“ハルレオ”が劇中で披露する主題歌「さよならくちびる」は秦 基博がプロデュースを、挿入歌「たちまち嵐」はあいみょんが作詞・作曲を担当し、映画と音楽のタッグによる未来への希望を奏でる青春音楽ロードムービーとなっています。

 映画公開に先立ち、挿入歌「たちまち嵐」とハルレオの貴重なメイキング風景を収めたスペシャル映像が公開されています。次世代を担うアーティストのミュージック・ビデオやライヴ映像をYouTubeを中心に配信し、2017年8月より国内初のInstagram Storiesメディアをローンチした分散型動画メディア「lute / ルーテ」とのコラボレーションにより、ハルレオが歌唱する「たちまち嵐」に乗せて、劇中シーンや“初お披露目”となる貴重なメイキング風景をたっぷりと凝縮。本作がキャリア初の歌唱演技となる小松は、門脇とともにほぼギター初心者ながら、3曲フルのギターと歌を短期間で覚えなければいけないという過酷な条件にチャレンジ。ハルレオとして音楽スタジオで楽しそうに練習する仲睦まじい姿や撮影の合間も真剣な表情でギターを練習する様子が映し出されています。

 数ヵ月に及ぶトレーニングの末、息の合ったコーラスとともにギター演奏も完璧にこなせるまでに上達した結果、本作の肝となるライヴシーンもエモーショナルな雰囲気が漂うものに。さらに、それぞれ秘めた想いを抱えるハルレオと付き人・シマ(成田 凌)らの“解散ツアー”の道中も収められています。


©2019「さよならくちびる」製作委員会

「さよならくちびる」
2019年5月31日(金)より東京 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
gaga.ne.jp/kuchibiru

監督・脚本・原案: 塩田明彦
キャスト: 小松菜奈 / 門脇麦 / 成田凌 / 篠山輝信 / 松本まりか / 新谷ゆづみ / 日睨穃 / 青柳尊哉 / 松浦祐也 / 篠原ゆき子 / マキタスポーツ
主題歌: 「さよならくちびる」(Produced by 秦 基博 / うた by ハルレオ)
挿入歌: 「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」(作詞作曲 あいみょん / うた by ハルレオ)
製作幹事・配給: ギャガ
制作プロダクション: マッチポイント
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015