ニュース

草 剛×ユースケ・サンタマリア「なぎスケ!」Amazon Prime Videoにて独占配信

草彅剛   2019/12/03 14:25掲載
はてなブックマークに追加
草 剛×ユースケ・サンタマリア「なぎスケ!」Amazon Prime Videoにて独占配信
 草 剛ユースケ・サンタマリアが出演する新番組「なぎスケ!」が、2019年12月19日(木)より、Amazonプライム会員向けの動画配信サービス「Amazon Prime Video」にて独占配信されます。配信に先駆け、番組予告映像が公開されています。

 「なぎスケ!」は、草 剛とユースケ・サンタマリアの2人が大人の趣味を増やしていくべく、いろんな企画にチャレンジしていくリアル型バラエティ番組。毎回豪華なゲストを招き、ゲストのハマっている趣味や興味があることを一緒に挑戦しながら、“夢中になれる何か”を求めていきます。

 公開された第1話予告映像では、ファンにはどこか見覚えのあるBarでの再会からスタート。お客さんに扮した草がバーを訪れるが、バーテンダーに扮したユースケからお酒らしきものを提供されると草は何故か大爆笑。2人のリラックスした表情からは、1年9ヵ月ぶりの再会とは思えない変わらない空気感が感じ取れ、「なぎスケ!」本編への期待が高まる内容となっています。

[草 剛のコメント]
――(第1話の収録の始まりがBarでしたが)Barをやってみていかがですか?
『「ぷっ」すま』の第1話もそんな感じだったのを思い出しました。
実際ユースケさんが葉巻バーをやりたいと以前から言っていたので、本当にやればいいんじゃないかなと思っていて、この番組でもやればいいのかなって。
それをユースケさんに言ったら、「お前は他人事だからそんなこと言えるんだよ」
「実際やるとなると色々お金とか大変なんだよ」と言われました。まぁそれはそうだなと(笑) 
でもいいんじゃないかな、そういうのも。


――第1話収録で制作した番組オープニング曲を作った感想は?
あれは作ったと言えるんですかね?笑 まぁ作りましたからね。
なんか不思議なもので、二人でやっていると一応は形になるようなところがあるので。
それはずっと番組を一緒にやってきた二人の向かう方向性というか、化学反応が起きるような感じがするので、とりあえず最後までやってみようと。唯一無二の曲になったんじゃないかなと思います!
なんかね、いいんじゃないかと思い始めて。不思議なんですよね、これがね。


[ユースケ・サンタマリアのコメント]
――第1話収録で制作した番組オープニング曲を作った感想は?
15秒なので曲というよりもジングルを作る感じでやらないと、作曲するとか作詞するとかを言い出すと悩んで時間がかかるから。昔バンドをやっているときに、そういうものばかり作っていたんですよね。
ツヨシはコード2つくらいしか弾かないし、あのやり方でやらないと早く終わらないですよ。
俺が勢いで作りましたけど大丈夫でしたか?


――後日、完成した番組オープニング曲を聴いた感想は?
このくらいであれば良いんじゃないかなって思いました。
ゆるさもあるし、キャッチーさもちょっとあるし、勢いで作ったものにしかない何か良さがあるんですよ。
その良さが出ていたなと思って。
ちゃんと作ろうと思ったら、時間がかかるし、もっといやらしい感じで作っちゃうと思うんですよ。
勢いで作って、とりあえず録ったものがそのまま使われるくらいが良いんじゃないでしょうか。



©なぎスケ!製作委員会

「なぎスケ!」
2019年12月19日(木)よりAmazon Prime Videoにて独占配信
※毎週木曜日更新 全52話配信予定 / 初回は5話一挙配信
www.amazon.co.jp/primevideo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015