ニュース

新国立劇場開場20周年記念、ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』を新制作上演

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig Van Beethoven)   2018/04/02 13:00掲載
はてなブックマークに追加
新国立劇場開場20周年記念、ベートーヴェン唯一のオペラ『フィデリオ』を新制作上演
 オペラ、バレエ、ダンス、演劇という現代舞台芸術のための日本唯一の国立劇場、新国立劇場が開場20周年を迎えることを記念し、〈新国立劇場 開場20周年記念特別公演 新国立劇場 2017/2018 シーズンオペラ ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン『フィデリオ』〉を新制作上演。

 『フィデリオ』はベートーヴェン唯一のオペラ。世界各地の劇場でこけら落としなどの特別な機会に上演される祝祭的な作品です。ストーリーは、不当に監禁された夫を男装した妻レオノーレが救い出すというもので、劇的迫力に満ちた音楽が物語を牽引します。

 本公演は、作曲家リヒャルト・ワーグナーのひ孫であり、バイロイト音楽祭総監督として世界的に注目を浴びる女性演出家、カタリーナ・ワーグナー(Katharina Wagner)による新演出。斬新な視点で知られるワーグナーがベートーヴェンの深い哲学をいかに視覚化するのか、注目されています。

 指揮は、ドイツ音楽にとくに造詣が深く、ベートーヴェンを長年探求してきた飯守泰次郎。同劇場オペラ芸術監督として任期4年の最終盤を迎え、みずから入魂のタクトを振ります。出演者には、ステファン・グールド(Stephen Gould)、リカルダ・メルベート(Ricarda Merbeth)、妻屋秀和ら、飯守監督の信頼厚い内外のトップ歌手がそろい踏みし、万全の布陣での上演となります。

拡大表示拡大表示


新国立劇場 開場20周年記念特別公演
新国立劇場 2017/2018 シーズンオペラ
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
『フィデリオ』(新制作)

www.nntt.jac.go.jp/opera/fidelio/index.html

東京 渋谷 新国立劇場 オペラパレス
2018年5月20日(日)14:00〜
2018年5月24日(木)14:00〜
2018年5月27日(日)14:00〜
2018年5月30日(水)19:00〜
2018年6月2日(土)14:00〜

全2幕(ドイツ語上演 / 字幕付)

[チケット]
S: 27,000円 / A: 21,600円 / B: 15,120円 / C: 8,640円 / D: 5,400円 / Z: 1,620円
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015