ニュース

祇園芸妓でシンガーのMAKOTOが歌うジャズ

MAKOTO   2011/06/14 15:42掲載
はてなブックマークに追加
祇園芸妓でシンガーのMAKOTOが歌うジャズ
 京都生まれの祇園芸妓“真箏”として井上流の名取りである一方、シンガーとしても活動しているMAKOTOがジャズ・アルバム『MAKOTO Sings Jazz』(CMKT-2026 税込み3,000円)を6月22日に発売します。

 歌うのは「SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE」「FLY ME TO THE MOON」やペギー・リーの歌唱で知られる「BLACK COFFEE」といったジャズ・スタンダードをはじめ、ビリー・ジョエルの「NEW YORK STATE OF MIND」やボビー・コールドウェルの「WHAT YOU WON'T DO FOR LOVE」など。ラテン・ヴァイオリニストのSAYAKAがレコーディングに参加しているのも話題です。

 シンガーとしてのMAKOTOは2001年に北島健二プロデュースのデビュー・アルバム『MAKOTO』を。2002年に藤井フミヤ尚之兄弟が作詞作曲を手がけたシングル「MINE」を発表するなど十分なキャリアと実力の持ち主。6月16日には大阪北新地のJAZZ&BAR 96にてライヴを行なうことが決定しています。


※6月22日発売

MAKOTO
『MAKOTO Sings Jazz』
(CMKT-2026 税込み3,000円)

[収録曲]
01.STELLA BY STARLIGHT
02.MORE THAN YOU KNOW
03.SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
04.LOVES IS HERE TO STAY
05.FLY ME TO THE MOON
06.FEVER
07.I HEAR MUSIC
08.BLACK COFEE
09.NEW YORK STATE OF MIND
10.I’ M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
11.WHAT YOU WON’ T DO FOR LOVE

[演奏]
MAKOTO(vo)
近 秀樹(p)
鷲見和広(b)
荒玉哲郎(b)
東 敏之(ds)
引田裕路(ds)
SAYAKA(vn)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015