ニュース

〈エストニア音楽祭〉にマリ・カルクン、トラッド・アタック!、トゥーリキ・バートシクが出演

マリ・カルクン   2018/10/01 13:06掲載
はてなブックマークに追加
〈エストニア音楽祭〉にマリ・カルクン、トラッド・アタック!、トゥーリキ・バートシクが出演
 Skypeを生んだIT先進国としても知られる北ヨーロッパのエストニアから、ヨーロッパ全域で高く評価されるマリ・カルクン(Mari Kalkun / 写真)、トラッド・アタック!(Trad. Attack!)、トゥーリキ・バートシクの3組が来日。10月4日(木)東京・青山 CAY、7日(日)兵庫・神戸 100BANホール / ジーベックホール、10日(水)長野・佐久平 交流センターにて〈エストニア音楽祭〉が開催されます。トゥーリキ・バートシクは、かとうかなことのアコーディオン・デュオ〈ポルカドット・アコーディオン(Polka Dot Accordion)〉での出演です。

 また、この3公演のほかに、各アーティストが北海道から沖縄まで各地で公演を行ないます。詳細はハーモニーフィールズのWEBサイトをご覧ください。

 また、エストニアは国をあげてデザインやアートの教育に力を入れており、エストニア音楽祭の各会場では〈エストニア・デザイン・デイ〉が合わせて開催されます。首都タリンで活躍する5名のファッションやアクセサリーのデザイナーを日本で紹介するほか、そのうち3名が来日し、デザインについて語る予定です。そのほかに、10月10日(水)から16日(火)までの7日間、東京・西武池袋本店3階のイベントスペースでは〈エストニア・デザイン・ウィーク Pop-up shop〉を開催。近隣のフィンランドやデンマークからの影響を受けたエストニアのデザイナーが手がける商品を入手することができます。



エストニア音楽祭

10月4日(木)
東京 青山 CAY
開場 18:15 / 開演 19:00
出演: マリ・カルクン、トラッド・アタック!、ポルカドット・アコーディオン
前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込 / 別途ドリンク代)

※お問い合わせ: ハーモニーフィールズ 0798-55-9833

10月7日(日)
兵庫 神戸 100BANホール / ジーベックホール
開場 12:30 / 開演 13:00(ヴォイス・ステージ)
開場 16:30 / 開演 17:00(インストゥルメンタル・ステージ)
出演: ヴォイス・ステージ(100BANホール):踊ろうマチルダ、マリ・カルクン、シャナヒー&アンニコル
インストゥルメンタル・ステージ(ジーベックホール):ポルカドット・アコーディオン、シベリアン・ニュースペーパー、トラッド・アタック!
ヴォイス・ステージ 4,000円(一般) / 2,500円(学生 / 限定数・インターネットのみ)
インストゥルメンタル・ステージ 4,000円(一般) / 2,500円(学生 / 限定数・インターネットのみ)
通し券 6,000円(一般 / 限定数・インターネットのみ) / 4,000円(学生 / 限定数・インターネットのみ)
※学生チケットは、当日学生証の提示をお願いします。お持ちでない場合は一般扱いとなります。


10月10日(水)
長野 佐久平 交流センター
開場 18:30 / 開演 19:00
出演: ポルカドット・アコーディオン、マリ・カルクン、トラッド・アタック!
前売 2,000円 / 当日 2,500円(一般 / 税込)
前売 1,000円 / 当日 1,500円(学生 / 税込)
※未就学児のご入場は、ご遠慮ください
※身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・戦傷病者手帳をお持ちの方も学生料金でご入場いただけます。
※コンサート当日 学生証、各手帳の提示をお願いする場合がありますので、必ずご持参ください。

※お問い合わせ: ハーモニーフィールズ 0798-55-9833
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015