ニュース

マウリツィオ・ビアンキ、『Decatrial Indusdence』を再リリース 

マウリツィオ・ビアンキ   2021/05/17 17:13掲載
はてなブックマークに追加
マウリツィオ・ビアンキ、『Decatrial Indusdence』を再リリース 
 1979年から活動するイタリアのノイズ界の重鎮マウリツィオ・ビアンキが、2019年に発表した作品『Decatrial Indusdence』をCDR、30枚限定で、5月15日(土)に再リリースしています。

 ビアンキはSacher-Pelz名義で、レコードとターンテーブルを使って、情熱と若い衝動により活動を開始しました。その後、M.B.名義で、シンセサイザー、リズムボックス、その他の複雑な装置を使って活動を開始しました。デジタルツールを使うまで、作品は洗練されていましたが非人格化されていました。しかし、自然さと信憑性は、色々な作品を作って、さらに興奮を受けながら変わらないままです。

 『Decatrial Indusdence』は、腐食のノイズにデジタル信号処理が施されて、複雑で秀逸なドローンサウンドに仕上げています。ミキシングはPharmakustikが担当しています。

Meditation record website
lucky-yoron-7564.pigboat.jp/meditation

UPD Organization website
lucky-yoron-7564.pigboat.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015