ニュース

オルケスタ・デ・ラ・ルス、「Gracias Salseros」のMVを公開

オルケスタ・デ・ラ・ルス   2019/07/24 15:40掲載
はてなブックマークに追加
オルケスタ・デ・ラ・ルス、「Gracias Salseros」のMVを公開
 2019年3月にFacebookにて配信したリハーサル映像が100万回再生を超え、“動画時代の世界再デビュー”を果たしたオルケスタ・デ・ラ・ルスが、7月24日(水)にニュー・アルバム『Gracias Salseros(グラシアス・サルセーロス)』(KICS-3831 3,000円 + 税)をリリース。リード曲「Gracias Salseros」のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開されています。

 オルケスタ・デ・ラ・ルスは、1984年に結成された日本のサルサ・シーンを牽引し続けるベテラン・バンド。1989年、自費による米ニューヨークでのツアーを決行したことがきっかけで大ブレイクしデビュー。リリースしたアルバムが全米ビルボード誌ラテンチャートで11週連続1位を獲得するなど活動が世界に認められ、1993年には〈国連平和賞〉や〈第35回 輝く!日本レコード大賞〉“特別賞”などを受賞し、〈第44回NHK紅白歌合戦〉へも出演。さらに世界23ヵ国でのツアーを開催しました。1997年に解散するも2002年に活動を再開。国内、海外ツアーや各地フェスへの出演、国内の有名アーティストとのコラボレーションなど、35周年を迎える2019年も“日本ラテン化計画”をテーマに精力的に活動を続けています。

 10年ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作は、世界を意識した“イケイケ”のサルサから日本人好みのロマンティックでメロディアスなラテン・ミュージックまで幅広く収録されています。1曲目に収録されている、“Descarga”スタイルの「Gracias Salseros」は、これまで応援してくれている世界中のサルサラバーへ感謝を送る歌詞を乗せたNORAのオリジナル曲。華やかなアレンジで小気味良いダンス・チューンとなっています。

 なおオルケスタ・デ・ラ・ルスは、7月28日(日)、29(月)に東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて35周年記念ライヴ〈GRACIAS SALSEROS〉を開催します。



オルケスタ・デ・ラ・ルス
35周年記念ライヴGracias Salseros

www.laluz.jp/info-list/190728
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015