ニュース

“オルタナ・エモ”の新鋭、オソ・オソがニュー・アルバムをリリース

オソ・オソ   2019/09/13 13:13掲載
はてなブックマークに追加
 USインディ・シーンを代表する重要レーベルのひとつ「Tiny Engines」からState Lines名義でのリリースがある米・ニューヨーク・ロングビーチ出身のJade Lilitri(ジェイド・リリトリ)による“オルタナ・エモ”バンド・プロジェクト、オソ・オソ(Oso Oso)が、8月16日(金)に3rdアルバム『バスキング・イン・ザ・グロウ』(CD PCD-83018 2,300円 + 税)をリリースしています。

 オソ・オソは、2014年からリリースを重ねる中で徐々に注目を集め、2017年に自身のbandcampでリリースした2ndアルバム『The Yunahon Mixtape』は、US主要音楽メディア「Pitchfork」で「デス・キャブ・フォー・キューティーやジミー・イート・ワールドを想起させる00年代インディ・ロック〜エモを継承するスタイル」と評され、日本国内でも複数の音楽メディアに取り上げられました。その後、「Tiny Engines」と双璧をなす重要レーベル「Triple Crown Records」と契約し、新作『バスキング・イン・ザ・グロウ』が完成しました。

 本作は、クリーントーン主体のドライなギター、個性的でありながら心地のよいヴォーカル、日本人の琴線に触れる切なくも叙情的なメロディとドラマティックな曲展開が聴きどころ。リヴァース・クオモウィーザー)も顔負けの優れたポップ・センスを発揮しています。また、日本盤限定ボーナス・トラックとして、清涼感抜群の疾走するギター・サウンドで話題となった2018年の配信限定シングル「gb/ol h/nf」が追加収録されています。

 なお本作は、「Pitchfork」ですでに8.3の高得点の獲得と“BEST NEW MUSIC”に選出されたほか、「NPR Music」「Paste Magazine」などで“2019年8月度BEST ALBUM”にピックアップされており、リリース以降、各USメディアから絶賛されています。日本では、DJ Highschoolと音楽ライターの天井潤之介が推薦コメントを寄せており、DJ Highschoolは「Oso Osoの奏でる旋律は人によっては失われた感覚を取り戻させてくれたり、人によっては今現在感じてるワクワク感を増長させる魅力を持っていると思います」、天井は「いま、何度目かの黄金期を迎えているエモのピークを伝える作品といって間違いない」と語っています。

自分は兼ねてからCampaign for Emo Destructionを掲げておりましたが、こちらを聴いてから改心しました。
と言うのは全くの嘘でそんなものは別に掲げてませんでしたが、それくらい素晴らしかったです。
Oso Osoの奏でる旋律は人によっては失われた感覚を取り戻させてくれたり、
人によっては今現在感じてるワクワク感を増長させる魅力を持っていると思います。

――DJ Highschool(seminishukei)

2010年代を迎えて以降、エモのリバイバルを牽引してきた“第四の潮流(forth wave)”と呼ばれるバンドたち。なかでもこのオソ・オソを率いるジェイド・リリトリは、屈指のメロディーメイカーにしてリリシスト。ブラン・ニューやベイサイドに代表される東海岸のエモの系譜を受け継ぎつつ、ゲット・アップ・キッズやアメリカン・フットボールといった“第二の潮流(second wave)”のレジェンドたちはもちろん、90年代や2000年代のインディ・ロックの最良の部分を備えたナイーヴでフックに満ちたソングライティング。
リリトリいわく「Kinda poppy, garage, poppy, punkish rock pop music」――そんなオソ・オソの魅力が凝縮されたニュー・アルバムは、いま、何度目かの黄金期を迎えているエモのピークを伝える作品といって間違いない。

――天井潤之介(音楽ライター)



Oso Oso official site
osooso.band/
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015