ニュース

映画「スイス・アーミー・マン」の音楽について監督が語ったコメントが公開に

ポール・ダノ(Paul Dano)   2017/08/23掲載(Last Update:17/09/12 10:17)
はてなブックマークに追加
映画「スイス・アーミー・マン」の音楽について監督が語ったコメントが公開に
 ポール・ダノ演じる無人島に漂着した孤独な青年が、ダニエル・ラドクリフ扮する波打ち際に流れ着いたガスを放つ男の死体を使い、無人島を脱出しようとする様子を描いた異色のサバイバル・アドベンチャー映画「スイス・アーミー・マン」が9月22日(金)より東京・日比谷 TOHOシネマズシャンテほか全国でロードショー。本作の音楽について、監督のダニエル・シャイナート、ダニエル・クワンが語ったコメントが公開されています。

 2016年の〈サンダンス映画祭〉で監督賞、同年の〈シッチェス・カタロニア国際映画祭〉では最優秀長編映画賞と主演男優賞を受賞した本作の音楽を手がけたのは米アトランタを拠点に活動するインディ・ロック・バンド、マンチェスター・オーケストラのアンディー・ハルとロバート・マクダウェル。監督の1人であるクワンからの「楽器を用いず“限られた手段”で音楽を作曲してほしい。声たけで曲を作ってほしい」というリクエストに応え、無人島でサバイバルする主人公の物語とリンクした音楽を作りあげています。

 音楽を担当した2人に対しクワンは「アンディー・ハルはヴォーカル・メロディとハーモニーに長けているんだ。つまり自分の声に対して非常に強いコントロール力を持っている。映画はヴォーカル・ハーモニーだけを必要としていたんだ。そしてロバート・マクダウェルは匹敵する口のテクニックがある。2人の力で本当に完璧な才能豊かな音楽チームになったよ」とコメント。また同じく監督を務めたシャイナートはDIY精神にあふれる本編シーンと繋がる楽曲制作に関して「この映画の大前提は常に森にいる男についてだった。僕たち自身はそこで利用可能なものだけを使おうとしたのさ!」とコメントしています。

 音楽を手がけたマクダウェルは「異なる芸術分野への敬意を、音楽という背景に存在するものを使ってどうやって表せばいいのか。それを学ぶというのはとてもエキサイティングだったよ」と楽曲制作を振り返ると「この壮大な音楽的瞬間に取り組みながら押し引きを見つけるということ、それは本当に芸術的挑戦だったよ」と語っています。なお、メインキャストのダノとラドクリフは劇中曲にも参加。2人の歌声は9月13日(水)にリリースされる映画オリジナル・サウンドトラック『スイス・アーミー・マン』(RBCP-3199 2,400円 + 税)に収録されています。



「スイス・アーミー・マン」
2017年9月22日(金)より東京・日比谷 TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー
sam-movie.jp

[あらすじ]
無人島で助けを求める孤独な青年ハンク。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか――

監督 / 脚本: ダニエル・シャイナート / ダニエル・クワン
出演: ダニエル・ラドクリフ / ポール・ダノ / メアリー・エリザベス・ウィンステッド

配給: ポニー・キャニオン
c2016 Ironworks Productions, LLC.


■2017年9月13日(水)
アンディー・ハル&ロバート・マクダウェル
『スイス・アーミー・マン』

RBCP-3199 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Intro Song(feat. Paul Dano)
02. Where Did You Come From?(feat. Paul Dano)
03. Cave Ballad(feat. Paul Dano)
04. Hank Drinks
05. History Of The Universe(feat. Daniel Radcliffe)
06. Fetishes(feat. Daniel Radcliffe)
07. When I Think About Mom(feat. Paul Dano and Daniel Radcliffe)
08. Don’t Overthink Things
09. Loved Back To Life
10. Cotton Eye Joe(feat. Daniel Radcliffe)
11. Jurassic Park(feat. Daniel Radcliffe)
12. Talk To Her(feat. Paul Dano and Daniel Radcliffe)
13. Love Love (Manny’s Song)(feat. Daniel Radcliffe)
14. Montage(feat. Paul Dano and Daniel Radcliffe)
15. Underwater
16. River Rocket(feat. Paul Dano and Daniel Radcliffe)
17. Liar
18. The Big Raccoon
19. Treetops(feat. Daniel Radcliffe)
20. Goodbye / Hello(feat. Paul Dano and Daniel Radcliffe)
21. Don’t Tell Sarah
22. Run Down The Mountain
23. Finale
24. A Better Way(3:09)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015