ニュース

ポリーニョ・ガルシア、子供たちに向けたボサ・ノヴァ集をリリース

パウリーニョ・ガルシア   2018/08/10 13:51掲載
はてなブックマークに追加
 ジェントルな歌声と柔らかなギターで幅広い音楽ファンから親しまれているブラジル出身のギタリスト / ヴォーカリストのポリーニョ・ガルシア(Paulinho Garcia)が、子供たちに向けたニュー・アルバム『アクアレーラ〜君と僕のボサノヴァ』(MZCF-1376 2,300円 + 税)を8月11日(土)にリリース。

 本作はもともと音楽を通して外国語に親しむための語学教育プロジェクトの一環で制作されたものですが、高い音楽性とブラジル音楽の隠れた名曲のセレクションで大人のファンも魅了する内容。ノエル・ホーザ、トッキーニョ&ヴィニシウス、ヴィラ・ロボスシヴーカらの名曲やブラジルの子供たちに歌い継がれるトラディショナル・ソングを交えた全16曲を収録。ガルシアとシンガーのシルヴィア・マンリケによる包み込むようなデュエットと優しいサウンドが心地よいブラジル音楽集となっています。また、可愛いアートワークはコロンビア出身で現在ヨーロッパで活躍する女性イラストレーター、ダニエラ・ヴィオリによるもの。

 このプロジェクトについてガルシアは、「音楽はあなたに愛について、幸せについて、哀しみについて、そして人生を教えてくれます。音楽を通じて言葉を学ぶこともできるし、その言葉を話す人々について学ぶこともできるのです」とコメント。また自身の子供時代を振り返り、「『アクアレーラ』が語るのは自然に恵まれたとても美しい国ブラジルの物語。このアルバムに収められたどの楽曲を聴いても、幸せで幼かった子供時代を思い出します。記憶の中で私にこれらの歌を歌ってくれる両親の姿はいつまでも若いままで、歌われるのはブラジルの田舎の風景、家や学校のこと。歌を歌うことは子供にとってゲームのようなもので、私は自然に、そしてとても楽しみながら言葉を学びました。道端のカエルや美しい花々、眩しい太陽に夜空を照らす月の光、そして子供が見る夢。これらは私の一部、けして古びることのない一部なのです。世界の子供たちと分かち合いたいと私が願う、人生の大切な部分ですね。学び、歌い、幸せに」と語っています。

■2018年8月11日(土)発売
ポリーニョ・ガルシア&フレンズ
アクアレーラ〜君と僕のボサノヴァ

MZCF-1376 2,300円 + 税

[収録曲]
01. 働き者の歌
02. ア・エ・イ・オ・ウ
03. ガチョウのサンバ
04. ふるさとの月〜青い鳥
05. カイピラの小さな汽車
06. マドリッドの闘牛
07. この道が自分のものだったら
08. アクアレーラ
09. カエルのジュール
10. 回るこま
11. シランダ・シラヂーニャ
12. 私のレモン、私のレモンの木
13. ジョアンとマリア
14. カーネーションとバラの戦い〜イエスの小さなテレサ
15. 子守唄(黒いかおの牛)
16. ふるさとの月(ボーナス・トラック)

[演奏]
ポリーニョ・ガルシア(vo, b, g)
シルヴィア・マンリケ(vo)
エイトール・ガルシア(perc)
シヂーニョ・テイシェイラ(accord)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015