ニュース

キャメル ピート・バーデンスの初期ソロ作2タイトルがリマスター盤化

ピート・バーデンス(Peter Bardens)   2010/08/17 14:26掲載
はてなブックマークに追加
キャメル ピート・バーデンスの初期ソロ作2タイトルがリマスター盤化
 英国のプログレッシヴ・ロック・バンド、キャメル(Camel)のキーボード奏者として活躍、2002年に惜しまれつつ他界したピート・バーデンス(Peter Bardens)の初期ソロ作2タイトルがリマスター盤として復刻されます。

 対象となるのは、『The Answer』(1970年 / 写真)、『Peter Bardens』(1971年:米タイトルは「Write My Name in the Dust」)というキャメル結成以前に発表した2枚のスタジオ・アルバム。どちらもブルース・ロックを基本としつつ、キャメルで開花するプログレッシヴな要素も垣間見える作品で、『The Answer』では、変名で参加したピーター・グリーンフリートウッド・マック)のギターとバーデンスのオルガンのバトルが楽しめます。

 今回の復刻は英Esoteric recordingsによるもので、オリジナル・マスタテープからのリマスタリングが特徴。発売は英国にて9月27日に予定されています。

 R&Bやブルースをルーツに、英国独特の叙情性を融合させたオルガン・ロックが味わえる初期ソロ作。新たな仕様でもお楽しみください!


『The Answer』(1970年)

[収録曲]
1. The Answer
2. Don T Goof With A Spook
3. I Can T Remember
4. I Don’t Want To Go Home
5. Write My Name In The Dust
6. Let’s Get It On
7. Homage To The God Of Light

*Bonus Tracks
8. Man In The Moon Village
9. Long Time Coming Village

『Peter Bardens』(1971年)
Peter Bardens

[収録曲]
1. North End Road
2. Writemy Name In The Dust
3. Down So Long
4. Sweet Honey Wine
5. Tear Down The Wall
6. Simple Song
7. My House
8. Feeling High
9. Blueser
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自己の確立とムードの追求――KIKUMARU『711』[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』
[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現
[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』
[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015